ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

初対面は失敗したほうがいい!? 魅力を3割増にする「印象アップ術」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
121121miryoku.jpg

そろそろクリスマスの予定が気になるシーズンになりましたね。
「クリスマスまでに恋人がほしい!」と、焦って合コンに行けば、ついつい力がはいりすぎて空回り。
せっかく「いいな」と思う人がいたのに、第一印象で失敗……なんてこと、ありませんか?
そんな女の子に知ってほしい心理効果があります。
それは、印象の「初頭効果」と「親近効果」
「初頭効果」とは、最初に持たれた印象のほうが、後に持たれた印象よりも強く影響するという心理効果のことです。
これとは逆に、後に持たれた印象のほうが、最初に持たれた印象よりも強く影響する場合もあります。このことを「親近効果」といいます。
つまり、はじめによい印象を与えられなくても、あとからでも挽回できるチャンスがある! ということ。
たとえば……

初対面:緊張して無口になってしまった

相手の印象:「愛想がない子だなぁ」
後日:「素敵な人といると、緊張して無口になっちゃうんです。先日は盛り上がらない感じになってしまってごめんなさい。甘いものが好きと聞いたので、おわびのしるしにクッキー焼いてきました! よかったら一緒に食べませんか?」

相手の印象:「素直でかわいい子だな。しかも、クッキー焼けるなんて、女の子らしいな」

ポイントは、後日会ったときに、はじめの印象よりもインパクトのある「好印象」を与えること。
インパクトが弱いと、印象をくつがえすことができません。「いつもは印象がよくないけど、今日だけ妙に感じがいいな。何かたくらんでるの?」なんて思われてしまう可能性も。
ただし、無理をして、本来の自分と違うことをしたり、言ったりするのは厳禁。その場しのぎでとりつくろっても、相手との関係性を深めることはできません。
もっとも大事なことは、「どうしたら、本当のあなたの魅力を伝えることができるのか」
です。
このポイントをしっかりおさえて、印象アップを目指して下さいね!
photo by Thinkstock/Getty Images
(恋心カウンセラー/塩月美香子)



(マイスピ)記事関連リンク

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。