ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

安倍総裁の“キラキラネーム”批判に苦言した北海道新聞のコラムが反響呼ぶ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

安倍氏のキラキラネーム批判に苦言を呈した北海道新聞のコラムが反響を呼ぶ

20日、Web版「北海道新聞」に掲載されたコラム「卓上四季」が、ツイッターで話題を呼んでいる。

同コラムは、自民党・安倍総裁が都内の講演で「キラキラネームをつけられた多く(の子供)はいじめられている。ペットではないのだから、そういう親も指導しなければいけない」と“キラキラネーム”を批判したことを紹介した。

「キラキラネーム」とは、今年の流行語大賞候補にもなった、当て字で作る読みづらい変わった名前のことだ。ネット掲示板では「DQNネーム」とも呼ばれている。

「赤ちゃん本舗」によって発表された「2012年お名前ランキング(1月1日から10月28日)」で、女子命名ランキングの第13位にランクインした「心春(コハル)」、第17位の「心結(ミユ)」は代表的な「キラキラネーム」だ。変わったキラキラネームとしては「永久恋愛(エクレア)」「矛伴目途(ムハンメド)」といったものもあるという。

このような「キラキラネーム」は、ネット掲示板では「奇抜な名前は親の自己満足であり、おかしな名前のせいで子供がいじめられる」と、かねてから批判を呼んでいた。

しかし、「卓上四季」では、明治時代の作家・森鴎外が「於菟(オットー)」「茉莉(マリー)」「不律(フリッツ)」「杏奴(アンヌ)」「類(ルイ)」といった名前を子供につけていたことを例に挙げ、「世が世なら安倍さんの指導対象?天上の文豪も『ぜひ、ご指導をいただきたかった』と残念がっているかも」と安倍氏の“キラキラネーム”への苦言を逆に批判した。

ツイッターでは「鴎外のは外国風の名前に漢字を当てているだけでキラキラネームとは違うのでは?」「世の中に実在する、本当にイカレタDQNネームについてはどう思うんでしょう。この人」「珍しすぎる名前を付けていじめの原因を作るのは良くない」と、同コラムへの非難が相次ぐ形となった。

【関連記事】
2012年赤ちゃんお名前ランキング発表!全国最大規模約9万件の第1位は男の子「悠真(ユウマ)」、女の子「結菜(ユウナ)」
「甲子園」に「永久恋愛」!? 奇抜な名前に「どんな気持ちでつけた?」
海外でもキラキラネームが話題に! 独創的?それとも虐待スレスレ?
「天使突抜」に「油谷向津具上」 ″キラキラネーム″が地名にも進出!?

【関連情報】
キラキラネーム-北海道新聞[卓上四季]

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

(http://news.livedoor.com/article/detail/7160856/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。