体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Samsung、Galaxy S IVに搭載するExynosプロセッサでbig.LITTLE処理技術を採用

Samsungは同社の次期スマートフォンフラッグシップ(Galaxy S IV)に搭載する新しいExynosプロセッサで、ARMがCortex-A7と同時に発表したCPUコア選択技術「big.LITTLE処理」を採用したと、韓国メディアのZDnet Koreaが業界関係者から得た情報として報じました。同サイトによると、Galaxy S IVに搭載される次期Exynosプロセッサは、28nmのHK/MGプロセスで製造されるクアッドコアのSoCで、高性能なCortex-A15と消費電力の低いCortex-A7が混在した構成になっているそうです。以前、別の韓国メディアが報じたExynos 5450(”Adonis”)のことかもしれません。big.LITTLE処理は、互換性のある2種類のCPUコアを同じSoCに組み合わせて使用する際、タスクに最適なコアをハードウェアレベルで選択する技術。負荷の高い処理には高性能なCortex-A15を使用し、アイドル時や負荷の低い処理にはCortex-A7を使用することで、日常の使用でバッテリーをより長持ちさせることができると期待されています。クアッドコアのTegra 3で5番目のコアと言われているコンパニオンコアがCortex-A7という感じになります。Samsungは次期Exynosプロセッサの開発を完了させており、来年2月に米国で開催されるISSCCイベントで発表するそうです。Source : ZDNet Korea



(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンクの201HW、201M、200SH、201Kでテザリングを利用するには事前準備が必要
Droid RAZR MAXX HDのVerizon従業員向け限定版の実物画像が公開
海外5カ国のGoogle PlayストアにおけるNexusデバイスの在庫状況が調べられるWEBサイト「Play Store Availability Checker」が公開

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。