体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CyanogenMod標準ミュージックプレイヤー「Apollo」のGoogle Playストア版がアップデート、アプリUIが刷新、様々な新機能が追加

ソフトウェア開発者Andrew Neal氏が、Android向けカスタムROM「CyanogenMod」のデフォルトミュージックプレイヤーに採用されている「Apollo」のGoogle Playストア版をアップデート、さらに、有料版(99円)の「Apollo+」をリリースしました。前回のバージョンは、CyanogenModバージョンをそのままGoogle Playストアで公開したというものでしたが、今回のアップデートで、アプリのテーマが黒を基調としたデザインに変更、一部のUIレイアウトの変更も行われています。テーマはGoogle Playストア上で配信されているサードパーティのテーマアプリをインストールすることで変更できますが、文字やボタンのカラーリングをカラーパレットで選択した色に変更することもできるようになりました。他の新機能は以下の通り。 ピン機能:アルバム、曲、アーティスト、ジャンル、プレイリストのホーム画面ショートカットが作成できる 歌詞をオンラインから取得する機能 Android 4.2以上の端末のロック画面ウィジェットに対応 ギャップレス再生に対応 ドラッグアンドドロップ操作でのプレイリスト・再生キューへの追加機能 アルバムアートダウンロード機能無料版と有料版の大きな違いは、アプリに広告が付くか付かないかということだけです。「Apollo」 「Apollo+」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
SCE、PlayStation Mobile SDK正式版と開発支援プログラムの提供を開始、シャープ製Androidスマートフォン2機種がPlayStation Certifiedを取得
Android版「Firefox 17」がリリース、ARMv6ベースのCPUにも対応
NTTドコモ、「MEDIAS Tab UL N-08D」のソフトウェアアップデートを開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会