ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

SCE、PlayStation Mobile SDK正式版と開発支援プログラムの提供を開始、シャープ製Androidスマートフォン2機種がPlayStation Certifiedを取得

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Sony Computer Entetainment(SCE)は11月20日、PS VitaとPlayStation Certified端末向けのアプリ配信サービス『PlayStation Mobile』において、アプリ開発環境『PlayStation Mobile SDK正式版』と開発支援プログラム『PlayStation Mobile Developer Program』の提供を開始したと発表しました。

今回の発表は、『PlayStation Mobile SDK正式版』の提供を含む開発支援プログラムが開始されたということで、プログラムに申し込み、SCEとのライセンス契約を締結(費用は年間7980円)することで、PS VITAやPlayStation Certified端末に対して、コンテンツストア『PlayStation Store』を通じてアプリを配信できるようになります。本日より同プログラムの提供が開始されたのは、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オーストラリアの9か国。近日中に香港、台湾でも開始されることになっています。

同ブログラムへの申し込み窓口は、https://psm.playstation.net/portal/ja/index.html。また、同プログラムの提供開始に合わせて、PlayStation Certified取得端末リストに、シャープ製Androidスマートフォン『AQUOS PHONE ZETA SH-09D』と『AQUOS PHONE SERIE ISW16SH』の2機種が追加されました。今後のアップデートによってこの2機種でもPlayStation Storeで配信されているアプリが利用できるようになると思います。シャープ製Androidスマートフォンでは『AQUOS PHONE SERIE SHL21』もPlayStation Certifiedを取得しています。

Source : SCEPS Certified取得端末リスト



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Firefox 17」がリリース、ARMv6ベースのCPUにも対応
NTTドコモ、「MEDIAS Tab UL N-08D」のソフトウェアアップデートを開始
Nexus 4の落下テスト(動画)

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。