ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Windows 8だけじゃない!スマホやSNSも完全サポートの「マカフィー オール アクセス 2013」の実力を、ITニュース編集長が試す

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Windows 8だけじゃない!スマホやSNSも完全サポートの「マカフィー オール アクセス 2013」の実力を、ITニュース編集長が試す

スマートフォン向けアプリで個人情報が流出した、という話を連日のように聞く昨今。ウイルス感染はもはや、パソコンだけの問題ではない時代だ。それもそのはず。スマートフォンは、どこでもインターネットに接続できることから、いつ何時、悪意あるウイルスやマルウェアに感染してもおかしくはない。

万が一、感染して個人情報を流出させてしまった場合には、個人の信用問題にとどまらず、会社にも多大な損害を与える可能性もある。そうした事情からスマートフォン向けのセキュリティ製品の導入を検討している人も多いだろう。

かく言う筆者も、ITニュースメディア「ITライフハック」の編集長という仕事がら、スマートフォンをはじめ、タブレット、Windows PC、Macなど、複数のデバイスを所有している。
昨年は、これらのデバイスひとつひとつにセキュリティ対策を施したいと考えていた折りにマカフィーの「マカフィー オール アクセス 2012」をレポートしてみないか、との話しを頂戴し、実際に導入してみた。

そんな「マカフィー オール アクセス 2012」の使用期限が切れようとしていた矢先、「マカフィー オール アクセス 2013」をレポートしてみないか、との話しを頂戴した。担当者の話では、スマートフォンへの対応強化に加え、Windows 8対応、SNS対応など、大幅に機能強化したという。まさに渡りに船ということで、この企画に飛びついた。

まずは、「マカフィー オール アクセス 2013」について簡単に紹介してから、実際の使い勝手をレポートしよう。

これ1本で入れ放題!さらに高いセキュリティ環境

「マカフィー オール アクセス 2013」の素晴らしいところは、これ1本ですべてのデバイスのセキュリティ対策を施せる点だ。デバイスごとに専用のセキュリティ製品を購入する必要がなく、一元管理ができる。あとから手持ちのデバイスが増えた場合でも、新たにセキュリティ製品を購入する必要がない。経済的なうえに、面倒がないのだ。

「マカフィー オール アクセス 2013」のパッケージ

ライセンスの更新や管理が簡単な点も大きな魅力だ。デバイスごとに専用のセキュリティ製品を導入した場合、購入時期が異なると、更新のタイミングもそれぞれ異なるため、管理が難しいうえに、気づかないうちに期限切れになることもあるだろう。

その点、「マカフィー オール アクセス 2013」は、1台目の契約期間に準拠するため、複数のデバイスにインストールしてもライセンス管理が容易だし、期限切れの心配もない

「マカフィー オール アクセス 2013」は、マルチデバイスに対応している

「マカフィー オール アクセス 2013」では、時代の進化に合わせて、さらに高いセキュリティ環境を実現した。
まず、新しいエンジンの採用により、スキャンパフォーマンス及びスキャンスピードを向上させた。起動が高速化されたうえに、ウイルススキャンに掛かる時間も大幅に短縮された。

新たに脆弱性スキャナーが追加された点も見逃せない。PC、ブラウザ、アプリケーションのセキュリティホールを塞ぐことにより、未知のサイバー攻撃から保護してくれるのだ。脆弱性が発見されたアプリケーションに関するレポートも表示してくれる。

双方向ファイヤーオールにも改良が見られる。ネットガード機能により、データ送受信の際、接続先の安全性をチェックする機能が備わった。これにより、ゼロデイ攻撃やハッカーからのアクセスからPCを守ってくれる。

クラウドベースでインストールが簡単

「マカフィー オール アクセス 2013」のインストールについて解説しておこう。

ステップ1 マカフィー オール アクセスをユーザー登録する
パッケージに同梱されている登録番号を使用して、ユーザー登録を行う。すでにユーザー登録をしている場合は必要はない。

ステップ2 セキュリティを端末にインストールする
PC、スマートフォン、タブレットなどの各デバイスにセキュリティ製品をインストールする。

マイアカウントにログインしたら、「+」ボタンを押して、保護したいデバイスを選択すればよい。クラウドベースだから、複数のデバイスにも簡単にインストールができるわけだ。

マイアカウントにログインしたら、「+」ボタンを押して、保護したいデバイスを選択しよう。

●PCやMacの場合
「ダウンロード」ボタンを押して、ダウンロードしたセットアッププログラムを実行すればよい。インストール作業は、画面に表示される説明に従うだけなので、非常に簡単だ。他社のセキュリティ対策ソフトがすでにインストールされている場合でも、基本的には該当製品が自動でアンインストールされる。

最新のWindows 8の場合でも、Internet Explorerからログインして、「+」ボタンを押して、インストールすることができる。

「マカフィー トータルプロテクション」をインストールした、Windows 8搭載PC

Macの場合でも、手順はWindows PCと同じだ。「マカフィー インターネットセキュリティ (Mac 用)」をダウンロードして、インストールを実行すればよい。

「マカフィー インターネットセキュリティ (Mac 用)」をインストールした、MacBook

●スマートフォンやタブレットの場合
「リンクの送信」ボタンを押して、スマートフォンやタブレットにダウンロードリンクを送信する。スマートフォンの電話番号を入力すれば、SNSでダウンロードリンクを送信できる。

「McAfee Mobile Security」をインストールした、Android搭載スマートフォン「Xperia acro HD」

初めてソフトをインストールする場合、電話番号とメールアドレス、6桁の暗証番号の入力が必要となる。その後、「登録」を選択すれば、インストールは完了だ。

Android搭載タブレット「Nexus 7」のように、SIMカードを使用しないモバイルデバイスでは、電子メールやウェブアドレスを取得するかたちで、インストールを実行することができる。

「McAfee Mobile Security」をインストールした、Android搭載タブレット「Nexus 7」

スマホに強固なセキュリティを実現できる

「マカフィー オール アクセス 2013」では、スマートフォン向けに新たなプライバシー保護機能が追加された。Android OSを搭載したスマートフォンやタブレットでは、アプリケーションがユーザーの知らないうちに個人情報を流出させるものが存在する。

万が一、そうしたアプリケーションをインストールしてしまったとしても、「マカフィー オール アクセス 2013」を導入していれば、安心だ。

知らないうちに悪意あるアプリケーションをインストールしてしまったとしよう。そのアプリケーションが個人情報にアクセスすることを防いでくれる。金融詐欺、なりすまし犯罪に加え、ウイルスに対しても強固なセキュリティを実現できるのだ。

Android搭載のスマートフォンでは、アプリケーションが個人情報にアクセスすることを防いでくれる。

話題のSNSに対応!Facebookで威力を発揮

「マカフィー オール アクセス 2013」の目玉機能は、Facebook、LinkedIn、Google+ などのソーシャル ネットワーク サービス(SNS)に対応した点だ。

これらのSNSに投稿されたリンクの隣には、リスク評価がカラーコードで表示される。

Facebookに投稿されたリンクの隣には、リスク評価がカラーコードで表示される。

万が一、リンクに危険性がある場合には、クリックする前に警告を表示してくれるので、安心だ。

リスク評価により、アクセス前に安全なサイトか否かを簡単に判断することができる。

また信頼性の高い短縮URLを「mcaf.ee」によって、簡単に埋め込むことが可能になり、スパムやマルウェアを心配せずにニュースを拡散できるようになった。

「mcaf.ee」は、入力されたURLを「http://mcaf.ee/~」形式のURLに短縮してくれるサービス。一般的な短縮URLサービスでは、元のURLが安全であるか否かが分からないが、「mcaf.ee」を使うことでユーザーが短縮URLのページにアクセスした際に、ページ上部に評価結果が表示され、緑(安全なサイト)、黄(疑わしいサイト)、赤(危険なサイト)の3色で表示してくれる。これはMcAfeeのデータベースを利用し、ページの安全性を表示するサービスだ。「マカフィー オール アクセス 2013」では、この短縮URLサービス「mcaf.ee」を同梱している。

安全なサイトは緑色のチェックマークで表示される。

スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末が急激に普及し、またそれらを狙うマルウェアが急増している今だからこそ、セキュリティ製品を導入しなければならない。

「マカフィー オール アクセス 2013」が1本あれば、これまで使用していたWindows PCやMacだけでなく、モバイル端末や、SNSへのセキュリティ対策も万全というわけだ。[詳しくはこちら]

■関連リンク
 ・マカフィー オール アクセス 2013 製品情報

マカフィー オール アクセス 2013マカフィー オール アクセス 2013
Win に、Mac に、スマホに、タブレットに。
これ1 本で、入れ放題!

マカフィー オール アクセス 2013 製品情報

製品のご購入はこちら
Amazon  楽天ブックス

[PR企画]

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

(http://news.livedoor.com/article/detail/7144247/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。