ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、「LUMIX Phone 101P」と「102P」のソフトウェアアップデートを開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ソフトバンクは11月19日、パナソニック製Androidスマートフォン「LUMIX Phone 101P」と「102P」に対して、ソフトウェアの不具合解消などを目的としたアップデートの提供を開始しました。今回のアップデートで、両機種とも緊急速報メールに対応するほか、通知画面に”USIMカード空き領域なし・本体メモリが不足しています”と表示される事象が改善、フリーズ・再起動の発生を抑止する改善も施されています。102Pには「スマセレ」アプリが追加されます。更新ファイルは端末単体でダウンロード可能(3G/Wi-Fiどちらでも可)。端末の設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェア更新」→「サーバから更新」からアップデートを実施することができます。アップデート後のソフトウェアビルドは、101Pは「07.0841」、102Pは「07.0473」に変わります。Source ; ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、Galaxy S III miniとGalaxy Note IIの新色の発売を計画
Android 4.1.1搭載のXperia V LT25iがGL Benchmarkで見つかる
雑誌専門のオンライン書店「Fujisan.co.jp」の公式Androidアプリがリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。