ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【GIマイルチャンピオンシップ予想】混戦必至のマイル戦線 秋のチャンピオンに輝くのはどの馬か

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
top

今週の予想

秋のマイル王決定戦、マイルチャンピオンシップ。
単勝1番人気が6.6倍だった安田記念を見ても分かるように、今年のマイル戦線は混戦必至である。
ストロングリターンのマイルGI連覇はあるのか、グランプリボスのGI3勝目は成し得るのか。群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)のマイル戦国時代、淀の1600mを制するのは果たしてどの馬か。

“混戦必至のマイル戦線で、秋のチャンピオンに輝くのはどの馬か”
そもそも毎年、マイルチャンピオンシップというレースは非常に荒れやすいGIのひとつであるが、今年は特に本命不在であり、予想も極めて難しい。
さらに土曜日の雨の影響で、かなり馬場の読みも重要になってくるため、早めに印を定めてしまうのはナンセンス。できれば日曜の午後に一度馬場のチェックをしてから買い目を決定するのがいいだろう。

そして、大事になってくるのが道中のペース。シルポートが問題なくハナを切ると思うが、鞍上が川田騎手に乗り変わっている事に注目したい。
この馬はキレる脚がないため、基本的には平均ペースで逃げて粘りこむスタイルが合っているタイプ。恐らく馬場を考えれば、平均より若干遅いペースになるだろうが、思い切りの良い騎手だけにハイペースも十分考えられる。

また近年、波乱を演出している馬にはある特徴がある。
昨年の覇者エイシンアポロン、一昨年の覇者エーシンフォワード、2009年2着のマイネルファルケは、いずれもダート寄りの血統であり、かなり持続力がある馬だ。
ダイワメジャーが連覇した2007年あたりまでは、サンデー系がほぼ上位を独占していたが、馬場や、勢力図の変化で好走傾向も変わりつつある。かなり難解だが、上記のとおり、馬場・ペース・血統から考え、以下の予想とする。

◎レオアクティブ
○ストロングリターン
▲ダノンシャーク
△サダムパテック
△コスモセンサー
△グランプリボス
△ガルボ
△リアルインパクト
△アイムユアーズ

・本命は3歳馬のレオアクティブ。
レベルの高い今年の3歳馬の一角であり、秋の内容を見ると、ここでも十分通用する可能性がある。
前走は人気を裏切るかたちになってしまったが、出遅れて外を回らせる展開になったため、度外視できる。さらに母父オペラハウスという点から、馬場が多少渋っていても問題にしないだろう。外を回るのも一つの手だが、横山騎手には直線で内を突き抜けるような大胆な騎乗を期待したい。

・対抗は春のマイルGI連覇を狙うストロングリターン。
前走毎日王冠ではトップハンデを背負い、なおかつ外を回らせて伸びきれずの7着なので、そこまで悲観すべき内容ではない。
同じようなコースを走って9着だったエイシンフラッシュが、天皇賞を制したことを考慮すると、さらに評価は上がるだろう。道悪も苦にしないため、道中うまく脚を溜めて直線うまく持ち出せるかがカギになるだろう。

・単穴は前走スワンS4着のダノンシャーク。
今回と同じ京都1600mの重賞で2着2回と好走しているだけに、この舞台での好走はかなり期待できる。
前走は、かなり前残りの展開を中段から良く伸びながらの4着なので、ペース次第では通用するだろう。だたし馬格がない馬なので、初の57kgという点では割り引く必要があるかもしれない。

・今回も伏兵を多めに選び、連複系で手広く狙いたい。
サダムパテックは前走天皇賞を使って、再び距離を短縮。血統的にはマイラーであるため、1枠をうまく活かせば好走が期待できる。
コスモセンサーの逃げ粘りには要注意。かなり長い脚を使えるため、展開次第では安田記念の再現も十分あり得る。
ガルボはマンハッタンカフェ×ニジンスキー系であり、京都を得意としている血統である。人気薄だが、典型的過小評価と見てここでは買い。
グランプリボスは前走非常に強い勝ち方だったため1番人気が濃厚だが、やはり距離不安が否めないので抑えまで。
リアルインパクトは関西の成績が著しく悪いため、人気を落としているが、前走のレースレベル高さを考慮するとここでは上位だろう。
アイムユアーズはクラシックで活躍したが、本質的には1400~1600mがベストの馬だろう。道悪も血統から判断するに問題ないだろう。

買い目

三連複1頭軸流し
6→ 1,4,5,7,9,10,13,15=100円×28点

計2800円

■先週の反省
http://getnews.jp/archives/272071[リンク]
エリザベス女王杯は、雨が降りしきる重馬場の中、レインボーダリアが大外から差しきって優勝した。
普段はクールな柴田善臣騎手が、ゴールを駆け抜けた後、力強くガッツポーズをしたのが印象的であった。道中は緩いペースで流れたものの、内側の馬場状態は最悪で、結局外目をついた馬が上位を独占した。
本命にフミノイマージンは道中はいつも通り、後ろからの競馬ができたものの、直線はコンディションが最も悪いラチ沿いを走ってしまっため、脚を伸ばすことができなかった。
極端な脚色であることと、騎手の手腕不足を考慮できなかったのは反省すべき点と言える。

3着に入ったピクシープリンセスは、デムーロ騎手の影響で過剰人気している点を嫌い、購入しなかった。
しかしながら母系に欧州血統を持つこの馬が、この舞台でも好走できる予測は十分できたとして、こちらも考察不足が否めない結果となってしまった。

—————————
累計投資金額: 2万800円
累計回収金額: 3万9520円
トータル収支: +1万8920円
—————————
※[画像]Flickr MJ/TR (´・ω・) [http://www.flickr.com/photos/mujitra/5004839703/]

すこやか山田の記事一覧をみる ▶

記者:

滋賀県出身流れ者すこやか山田参上! 色んなメディアや政治、省庁関係、あなたの気になることにブッコんで行くんで夜路死苦!! コテコテの関西人です。元アウトローです。昔はママチャリで東京に行く等無茶な事をしていました。http://gundori.tabigeinin.com/ 重度の2ちゃんねらーです。格闘技と女性が大好きです。

TwitterID: @damian_0522

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。