体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

都市部でフルスペックのLTE展開ができないのはなぜ?――ドコモのLTEサービス「Xi(クロッシィ)」はどう戦っていくのか(前編)【コラム】


“アピール下手”と言われるドコモですが……
2010年末からサービスを開始し、現在600万以上の回線契約を抱えるまでに成長したNTTドコモのLTE通信サービス「Xi(クロッシィ)」。ユーザー数の規模では、世界最大級のLTE(Long Term Evolution)サービスと言っても良いでしょう。

しかし、ここのところ、通信サービスエリアの広がり、通信速度……などなど、様々な面で後続の事業者の攻勢に遭い、苦戦を強いられています。特に、Xiが一体何なのか、FOMAと比べて何が優れているのか、という訴求(アピール)の面に関しては言い方がきついかもしれませんが、下手くそである、と言わざるを得ない部分もあります。

ドコモ自身もそれを看過している訳ではありません。16日に報道関係者を都内の会見場に招いて「ドコモにおけるLTEの取り組みについて」という説明会を開催しました。筆者は時間を上手く確保でき、この説明会に参加することができました。

そこで、Xiについて、説明会で見聞きしたことを踏まえて、自分が普段ユーザーとして使っている実感を交えて2回に分けて説明していこうと思います。前編は、「現在」のXiに関わる品質改善の取り組みについて説明します。少し長いですが、おつきあいください。

■下り100Mbps(112.5Mbps)はなぜ地方から?

都市部でフルスペックのLTE展開ができないのはなぜ?――ドコモのLTEサービス「Xi(クロッシィ)」はどう戦っていくのか(前編)【コラム】

16日から下り100Mbps(112.5Mbps)サービスが始まりましたが……
プレスリリースにもあるとおり、16日からドコモはXiにおいて下り最大100Mbpsでの通信サービスを開始しました。来年度以降の端末では、同じエリアで下り最大112.5Mbpsの通信ができるようになる予定です。

これは、今までの2.1GHz帯に加えて利用できるようになった1.5GHz帯の電波をフルに利用して展開されるサービスで、北陸・四国地方と沖縄県の県庁所在地などから開始されます。来春には、北海道、東北、信越、中国地方でも順次サービスが開始されます。

電波の利用できる幅が増えると、スペック上の最大通信速度が増すことはもちろんですが、同時に通信できるユーザー数も増えるので、通信の体感速度の改善も期待できます。

ここで疑問なのは、ユーザー数増加が特に多く、このサービスの恩恵に最大に与れるはずの東名阪(甲信・東海・関西)地域の対応が遅れることです。これらの地域と九州地方(沖縄県以外)では、この下り最大100Mbps(112.5Mbps)のサービス開始を再来年、2014年の春まで待たなければいけないのです。

ユーザーが多いエリアこそ、このような高速化・容量アップのサービス開始を急ぐべき。実際に、東京23区内やその周辺部では、Xiの導入したての頃が嘘であるかのように、通信速度が遅く、本来LTEの強みであるはずの遅延の少なさすらも感じられなくなってきています。場合によっては、FOMAの方が快適なんじゃなかろうか、と思ってしまうことすらあります。

どうして、そのような需要が逼迫するであろう場所が寧ろ“後回し”にされてしまうのでしょうか。

それは、これらの地域では1.5GHz帯の電波の一部が「MCA無線」という別用途に使われているためです。この帯域でのMCA無線サービスの終了予定日が2014年3月31日。それ以降でないと、これらの地域ではフルスペックのサービスを展開することができない、というジレンマを抱えているのです。

ただし、ドコモは、電波がフルに使えるようになるまでじっと待つ訳ではありません。これらの地域でも、条件的に可能な場所から下り最大37.5Mbpsのスペックで1.5GHz帯でのLTEサービスを開始し(既に東京都内にもエリアがあるとの話です)、2014年4月以降にできるだけ速やかに下り最大100Mbps(112.5Mbps)のサービスも始められるように設備面での準備を進める、とのことです。しばらくフルスペックはお預けではあるものの、今冬モデル以降なら一応東名阪でも恩恵に与れるシーンがありそうです。

1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会