ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

PCのパフォーマンスを最大化する最先端のアプローチ!「System Mechanic」が凄い

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

長い間、パソコンを使っている人の中には、いつの間にか、動作が遅くなってしまったという経験をお持ちの方はいないだろうか。パソコンを遅くする原因はいくつかあるが、その原因ひとつひとつを解明するのは、パソコンを使い慣れている人でも困難な話だ。

とはいえ、動作が遅くなったパソコンを何とかしたいと思っている人は多いだろう。
そういう人に朗報だ。何の知識も必要とせず、今あるパソコンのパフォーマンスを最大限化する方法がある。

イーフロンティアが販売を予定している、iolo technologyの「System Mechanic」だ。

■誰でも手軽にPCを高速化
現在のパソコンは、ほぼ無限に多様な構成、ソフトウェア、環境により、進化し続けている。有効性を発揮するためには、システムパフォーマンスツールもパソコンと同じくらい進化していなければいけないのだ。

遅い動作からファイル破壊まで多岐にわたるパフォーマンス上の問題を見つけ出し、パソコンを高速化してくれるのが、「System Mechanic」というわけだ。

PCのパフォーマンスを最大化する最先端のアプローチ!「System Mechanic」が凄いパソコンを高速化してくれる、「System Mechanic」
「System Mechanic」は、以下のようなパソコンが低速化する12の原因を解決してくれる。
PCのパフォーマンスを最大化する最先端のアプローチ!「System Mechanic」が凄い

■ボタンひとつで高速化
「System Mechanic」を起動すると、初期画面を表示した後、「システム分析が必要です」と表示される。ユーザーは、「今すぐ分析」ボタンを押せば、システムの問題および最適化されていない設定をスキャンすることができる。
PCのパフォーマンスを最大化する最先端のアプローチ!「System Mechanic」が凄い「今すぐ分析」ボタンを押せば、システムの問題点などをスキャンすることができる
スキャンと言っても、数分しか掛からない。これなら、忙しいユーザーでもいらつくことはないだろう。

スキャンが完了すると、パソコンの動作速度を低下させている問題を特定してくれる。
「問題の表示」ボタンを押すと、調べたパソコンにどういった問題があるのかを、ひとつひとつ確認することができる。

「System Mechanic」の判断にまかせたければ、ユーザーは「すべての修正」ボタンを押すだけの手軽さだ。
PCのパフォーマンスを最大化する最先端のアプローチ!「System Mechanic」が凄いパソコンの問題点を、ひとつひとつ確認することができる

■便利ツールが満載!「オールインワンツール」
パソコンユーザーにとって便利なツールが備わっている点も、「System Mechanic」の魅力のひとつだ。ここでは、代表的なツールを紹介しておこう。

「PCアクセラレーター」は、複数のパフォーマンス強化ツールや高速化ツールを同時に実行することにより、最大300% Windows を高速化してくれる。

「PC修正」は、修正が困難で疑わしいエラーやクラッシュ、その他のシステム障害を修正してくれる。

「PCクリーンアップ」は、システム クラッターを一掃し、無駄に消費しているドライブ容量を解放してくれる。

「PCセキュリティ」は、危険なセキュリティの弱点を修正し、パソコンのセキュリティを改善してくれる。

まさに至れり尽くせりといった感じのツール群だ。
PCのパフォーマンスを最大化する最先端のアプローチ!「System Mechanic」が凄いワンクリックで問題を解決できる、「オールインワンツール」

パソコンの動作が遅いと感じたら、パソコンを買い替える前に、まず「System Mechanic」の導入を検討してみては如何だろうか。
[PR企画]

「System Mechanic」製品情報
イーフロンティア

イーフロンティアの記事をもっと見る

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

外部サイト

電波がなくても快適ニュース閲覧!自分専用ニュースアプリ「livedoor ニュース (LDNReader)」
Windows 8プチテクニック 万一のために「回復ドライブ」を作成する
Firefoxでいくつものタブを1画面に表示して見比べる【知っ得!虎の巻】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7150451/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。