ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

旦那にするなら…“イケダン”ならぬ“マメダン”のススメ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

イケダン--それは、毎回パンチの効いたキャッチコピーが印象的な30代主婦ターゲットの月刊ファッション誌「VERY」(光文社)から生まれた造語である。仕事をバリバリとこなし、休日には家事育児も積極的に行い、家族を大切し、お洒落にも気を抜かない“イケてるダンナ”のことを示す。正直、独女的には鼻持ちならない存在である。
だいたい映画やドラマじゃあるまいし、そんな出来すぎたダンナはどこにいるのかね? と問いたいところだが、巷にウヨウヨとのさばっているらしい。ということで、今回は意地を張らずにイケてるダンナを見極めるためのハウツーを聞いてみた。

結婚4年目のサヤカさん(34歳/旦那38歳/子アリ)の旦那さまは、イケダン・オブ・ザ・VERYと言わんばかりの旦那さまだ。どんなに仕事が忙しくても、自分が担当する家事は必ずしてくれるという。

「うちは共働きなので、お互い協力し合わないと私がパンクしてしまいます。旦那の担当は食後の食器洗いの他に、息子を保育園まで送ることと息子と一緒にお風呂にはいること。休日は疲れていても必ずどこかへ連れて行ってくれます。“イケダン”というより“マメダン”です。性格的にマメなんですよね。あと、彼のお母さんは専業主婦ではなく働いていたので、きっと母の姿を見て育ったんでしょうね。とにかく、よく気づいてくれる人です」

今年、結婚10年目を迎えたカズミさん(41歳/旦那41歳/子アリ)の旦那さまは、カズミさんの誕生日、結婚記念日など節目節目に必ず会社を休み、豪華ディナーやサプライズプレゼントをしてくれるという。要するに“マメダン”である。

「とにかく人を喜ばせるのが大好きな人。旦那いわく、『人が喜ぶ顔を見るのが好き』なんだそう。だからウザイくらいサプライズ好き。私だけじゃなく子どもにもそうで、最近、思春期を迎えつつある娘には本気でウザがられています。料理も好きなので休日のご飯担当はパパです。買い出しから後片付けまでやってくれるのでとても助かってます」

結婚2年目のレイカさん(33歳/旦那32歳/子ナシ)の旦那は、反対に“非マメダン”だそうだ。

「うちの旦那はドがつくほど天然系。やって欲しいことを言えばやってくれるけど、言わないと気づかない。サプライズなんて夢のまた夢。でも、なんせ天然だから悪気がない。私が不満をぶちまけても『あ~ごめん、気がつかなかったよぅ~』って言われちゃうと、体中の力が抜けてしまう。カリカリするだけ自分がソンをして疲れてしまうことも分かっているんです。本当に気づかない人だから『会社で仕事失敗していないかな? 大丈夫かな?』と心配になります」

レイカさんいわく、天然系の彼は口うるさくなく、結婚してもラクだと思ったらしい。しかし、隣の芝生は青く見えるもので、今となってはマメな旦那さまが羨ましいそうだ。

「マメはマメなりの悩みもありますよ」と言うのは前出のカズミさん。

「誰に対してもいい顔をするので、面倒なことを任されたり、自分から引き受けたり…。それはそれで迷惑することもあります。女性に対してもマメだからそれなりにモテて誤解を招いたこともあります。未遂に終わりましたが、以前、旦那の浮気疑惑勃発で夫婦関係が危ぶまれました」

マメダンも非マメダンも一長一短だが、個人的には、お酒はぬるめの燗がよくて、肴はあぶったイカがよくて、旦那はマメなほうがいい…かな。(オフィスエムツー/堂ナツコ)

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

外部サイト

ハロウィンの仮装で見つけたもう一人の“私”
旦那にするなら…“イケダン”ならぬ“マメダン”のススメ
ムカつく!? 職場にいる風紀委員たち

(http://news.livedoor.com/article/detail/7147623/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。