体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本日発売開始!繊細なペン入力と5.5インチ大画面が魅力のドコモスマホ「GALAXY Note II SC-02E」でスクリーンショットを撮る方法を紹介【ハウツー】


GALAXY Note II SC-02Eの画面キャプチャの方法を紹介!
NTTドコモからいよいよ本日16日(金)に発売となった繊細なペン入力ができる「Sペン」と5.5インチという大画面ディスプレイを搭載したAndroidスマートフォン「ALAXY Note II SC-02E」(サムスン電子製)。

防水・防塵や赤外線機能には対応していないものの、おサイフケータイ(Felica)やワンセグは搭載しているほか、クアッドコアCPUや2GBの大容量メモリーと搭載するなどと基本性能も高いので、高性能な画面が大きなスマートフォンとしても注目されています。

今回は、そんなGALAXY Note II SC-02Eの本体のみで画面のスクリーンショットを撮影する方法を紹介します。

GALAXY Note II SC-02Eにおける本体のみでの画面のスクリーンショットを撮影する方法はさまざまな方法が用意されています。他の機種でも一般的になってきたハードキーによる方法のほかに、Sペンを使った方法、さらには、モーション操作による方法がありますので、順番に紹介していきたいと思います。

■Sペンジェスチャーによる画面キャプチャ
まず、GALAXY Noteの特徴的な方法がSペンを使った方法です。やり方は、ペンを抜いてSペンのボタンを押しながらペン先を画面に付けて長押しします。ちょうどトップ画像のようにペンのボタンを押しながらペンで長押しですね。

すると、画面全体のスクリーンショットが撮影できます。さらに、この方法では、すぐにペンでスクリーンショットに落書きができたります。逆に落書きとかをしない場合には他の方法のほうが良いかもしれません。

02

Sペンジェスチャーによる画面キャプチャ後にはすぐにペンで画面キャプチャ画像にペン入力できるようになっています。

■Sペンジェスチャーによる画面の一部切り抜き
次に、同じSペンジェスチャーとして画面の一部を切り抜いて画面キャプチャする方法を紹介します。これはペンを抜き、同じようにSペンのボタンを押しますが、押しながらペンで画面の切り抜きたい部分を囲います。囲った部分が画面キャプチャとして保存されます。

余計な部分を部分を見せたくないときや、アイコンやマークなどを切り抜いて他の画像にスタンプのように貼り付けたりしたいなどのときに便利に使えます。

03

Sペンのボタンを押しながら画面の一部を囲うと切り抜かれます。

04

切り抜かれた画像はこのように保存されます。

■ハードキーを使って画面キャプチャをする
サムスン電子製では、Androidを搭載した国内初モデルである「GALAXY S SC-02B」から本体のみでの画面キャプチャに対応していました。なので、もちろん、このGALAXY Note II SC-02Eでも対応しています。

ただし、GALAXY Note II SC-02Eでの方法は、Android 4.0標準機能とは異なり、最近のGALAXYシリーズと同様に電源キーとホームキーの同時押しでスクリーンショットが撮影できます。

05

ディスプレイの下の中央にあるホームキー(赤丸)と本体右側面にある電源キー(青丸)を同時に押すとスクリーンショットが撮影できます。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。