ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

電波がなくても快適ニュース閲覧!自分専用ニュースアプリ「livedoor ニュース (LDNReader)」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

livedoor公式のニュースリーダー「livedoor ニュース (LDNReader)」は自分専用のニュースサイトを作ることができるアプリです。

スポーツと政治のニュースを読みたい、国内・エンタメ・芸能ニュースだけを読みたい。個人個人にあわせて、興味のあるジャンル・キーワードに関連するニュースだけを表示できます。

さらに「livedoor ニュース (LDNReader)」は電波がない場所や通信を切ったオフライン状態でもニュースを読むことができます。地下鉄や地下街、スマホを使ってニュースを読む機会が多い移動中はもちろん、意外と電波が弱い高層ビルのオフィスなどでも記事が読めるのでとても便利です。最新ニュースを一気にアプリに保存して、サクサク記事を楽しみましょう。

オフラインでも使える「livedoor ニュース (LDNReader)」の解説をしていきましょう。■オフラインでも読める!自動的に記事をアプリに取り込み
記事をオフラインで読むのには難しい操作は一切ありません。読みたいジャンルをタッチするだけで、自動的にスマホに記事を取り込んでくれます。

image2

読みたいジャンルをタッチ

image3

記事の読み込みスタート

image4

あとはニュースを楽しむだけです

image5 image6

オフラインでもさくさく読めちゃいます

オフライン・オンラインだとか、何も意識をしないでも使えちゃうところが嬉しいですね。電波がなくても読みたいジャンル・記事をタッチしていくだけで、ニュースを読むことができます。

■長時間の移動には一括ダウンロードをおすすめ!
電波が長時間切れる、飛行機や病院内ではスマホが使えなくて暇になることありますよね。。livedoor ニュース (LDNReader)を使えば、電波があるときにニュース丸ごと取り込んで、後から記事を楽しむことができます。

iPod touchなど3G回線を利用できない端末でも、自宅で記事をダウンロードして外出先でニュースを読むということもできますね。

それでは設定方法を見てみましょう。

image7

ホーム画面右上の歯車アイコンをタッチして、設定画面を開きます

image8

「一括してダウンロードする」をタッチして「OFF」にしましょう。

image9

「ON」にしましょう。

image10

ホーム画面右上にある更新ボタンをタッチすると、全ジャンルの記事を一括で取り込みます。

image11

記事を取り込めばオフラインでも、いつでもどこでも読むことができます。

image12 image13

オフラインでも、サクサクっとニュースをチェックできます。

■いつでも使いたいスマホだからこそオフライン対応に!
スマホは、移動中やカフェなどいつでもどこでもネットにつながる道具だからこそ便利です。しかし電波がなくて最新のニュースのチェックができないときもありますよね。livedoorニュースリーダーなら電波がなくてもニュースをチェックできるのでスマホをさらに活用できるので、いつでもどこでも最新のニュースをチェックしておきたい人や、通勤、通学など移動中の暇つぶしにピッタリ!livedoorニュースリーダーでオフラインでも快適にニュースチェックをしてみてはスマホを便利に活用してみてはいかがでしょうか?

次回は、livedoorニュースリーダーの新機能を詳しく解説していきます!

livedoor ニュース (LDNReader) – Google Play
livedoor ニュース (LDNReader) – App Store

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

外部サイト

Windows 8プチテクニック 万一のために「回復ドライブ」を作成する
Firefoxでいくつものタブを1画面に表示して見比べる【知っ得!虎の巻】
残量をデジタル表示! オシャレなスティックタイプのモバイルバッテリー【イケショップのレア物】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7148503/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。