体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“できたらいいな”が全て実現! 「バケーションパッケージ」で東京ディズニーリゾートをオトナ旅【前編】

tokyodisneyresort

楽しいアトラクションや季節によって変わるショーやイベントで、何度も訪れたくなる東京ディズニーリゾート。皆さんは最近いつ行きましたか? 現在東京ディズニーランド、東京ディズニーシーはクリスマスシーズン真っ只中。大きなツリーやキュートな飾りたちが、パーク中を彩っています。

新しいアトラクション、可愛くて美味しいフード&ドリンク、キャストとの会話、工夫いっぱいのおみやげ。せっかくパークに訪れたからには存分に楽しみたいですよね。でも「到着したらテンションがあがりすぎて、やみくもに歩き回ってしまった!」「時間が無くてお目当ての場所に行けなかった」と、少々不完全燃焼を感じたことはありませんか?

今回は、東京ディズニーリゾートのオフィシャルパッケージプラン「バケーションパッケージ」を使ってのパークの楽しみ方を、覚えておくとちょっと役立つ豆知識と共にご紹介。まずは東京ディズニーシーから宿泊までの前編です。

そもそも「バケーションパッケージ」って?

「バケーションパッケージ」は、ホテルとパークチケットに、東京ディズニーリゾートならではのうれしいお楽しみがいろいろとつまったオフィシャルパッケージプラン。様々なプランが用意されていて、今回筆者が体験した「ディズニー・クリスマスを満喫する 2DAYS」には、下記のチケット類がセットされています。

・2デーパスポートスペシャル
・ディズニーリゾートラインチケット/1枚
・“時間制限の無い”ファストパスチケット/2枚
・ショー鑑賞券/3枚
・オリジナルガイドブック
・フード&ドリンク券(420円券×3枚、280円券×2枚)
・オリジナルグッズ引換券

これに、「ディズニーアンバサダーホテル」、「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」、「東京ディズニーランドホテル」いずれかのホテルの客室予約が入り、自分が訪れたい日時を選び購入することになります。つまり、これさえあればもう何もいらない! フルに東京ディズニーリゾートを楽しめるわけです。

いざ東京ディズニーシーへ! 

tokyodisneyresort

東京ディズニーシーの開園は2001年。もうそんなに月日が経っていたことに衝撃ですが、今でも全く色あせない、美しい空間です。

tokyodisneyresort

クリスマスのデコレーションも、さすがのシーは大人ムード。ミッキーや仲間たちへの遭遇率がディズニーランドよりも低いのは、みんなの家がランドの「トゥーンタウン」の中にあるから。だから、みんなに会えたらラッキーです。

tokyodisneyresort

昼と夜の寒暖差が大きいこれからの季節はもちろん、パークに行く時は出来れば一枚多めにカーディガンやストールを持っていくと良いと思います。はおるタイプの洋服なら、暑くなったら脱げばいいですし、夏でも室内型ショーの冷房を寒く感じた時にも活用できます。

超人気アトラクションも並ばずにスイスイ♪「トイ・ストーリーマニア」超良かったです

tokyodisneyresort

今年7月にオープンしたばかりの新アトラクション「トイ・ストーリーマニア!」。オープン直後は500分待ちの日があったりと話題になりましたが、この日も200分待ち。ファストパスの発券も終了しています。

1 2 3 4次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。