体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

数年前に「LINE」を思い付いていたとしても、やらなかったであろうプロデューサーのお話

数年前に「LINE」を思い付いていたとしても、やらなかった

今回はとあるサイトプロデューサーさんのブログ『サイプロ(とあるサイトプロデューサーのブログ)』からご寄稿いただきました。

数年前に「LINE」を思い付いていたとしても、やらなかったであろうプロデューサーのお話

数年前に「LINE」を思い付いていたとしても、やらなかった

【デコメール死亡 「LINEの登場」を予測できなかったプロデューサーのお話】*1が意味不明なくらいバズってしまい、恐縮しております。

*1:「デコメール死亡 「LINEの登場」を予測できなかったプロデューサーのお話」 2012年11月4日 『サイプロ』
http://toaru-sipro.com/?p=2788

そこで、ちょっと番外編です。

仮に僕が数年前にLINEを思いつき「イケるかも」と思ったとします。当然、思いつくだけではダメで、企画を練ったあと、コスト、ARPU、継続率、プロモーションプラン等を踏まえた収益計画を作らなければなりません。簡単に言うと「作るのにいくらかかって、いくら儲かります。だから社長金出してくれ」というための説明資料です。

結論から言うと、数字を作っている最中に「厳しそうだな・・・」と思い、提案まで持っていかなかったと思います。その理由をいくつか。

1.市場が小さい

スマホの普及率が当時は10%以下だったため、市場がいきなり人口の10分の1です。LINE自体はガラケーも対応しておりますが、使いにくい為、スマホ向けのサービスと考えて良いでしょう。

当然、「今後の伸びを踏まえての仕掛け」なのはわかるのですが、次項で記載するよう「相手がいないと使えないサービス」なため、「まだ早い」と判断すると思います。

数年前に「LINE」を思い付いていたとしても、やらなかった

(資料引用元:株式会社 MM総研*2)
*2:「スマートフォン市場規模の推移・予測(12年3月)」 2012年3月13日 『株式会社 MM総研』
http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120120313500

2.相手がいないと使えない

市場が小さいだけならまだしも、LINEは「相手」がいないと使えません。当然のことなのですが、ユーザーを1人ずつ獲得してくるのではなく、ドバッっとグループ丸ごととってくる必要があります。更にお互いがインストールしていたとしても、うまく繋いであげないといけません。

※LINEはドバッととるために、テレビCMを打ち、繋げる仕組みは「電話帳データを丸ごとサーバーにアップする」という凄い作戦に出た。

3.広告モデルは売上が立ちにくい

サービスを無料で提供する以上、広告収入で売上を立てる必要があります。1日の平均メール送信数は7通らしいので、送受信合わせて14通とします。(返事返ってくると信じて)

当時市場が10%程度なため、1人1日1.4通。つまり1日1.4回しか見ないこととなります。1PV1円と考えても、1人1ヶ月42円です。

※LINEはマネタイズを度外視したのか、広告を載せないという作戦に出ました。仮説ですが、それなりのシェアをとったら当初は載せる予定だったのではないでしょうか。

4.キャリアのメールアドレスからシェアを奪える自信がない

LINEを思い浮かんだ時に、これは「イケる」と思いつつも、事業計画を書いている最中に「キャリアのメールアドレスからユーザーを奪えるのか・・・」と思ってしまいます。機能がちょっと良い程度だと、シェア100%のキャリアメールからお客さんを奪うのは厳しい気がします。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。