ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

フットサル日本代表、森岡が明かす舞台裏「カズさん、傷だらけなんですよね」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

フットサルW杯では、初となる決勝トーナメント進出を果たした日本代表。一回戦で敗れたものの、その戦いは今後に繋がる意義あるものとなった。すると、「すぽると!」(14日放送)では、「フットサル三浦和良&日本代表 独占告白 W杯知られざる真実」と題し、主力メンバーに心境を尋ねた。

今回のフットサル日本代表にとって、一番の話題となったのは、“キング・カズ”こと三浦和良の加入だろう。木暮賢一郎は、「ブラジル戦は、アップの段階で(カズが)ピッチに入った瞬間、グッとくるものがあった」と振り返り、川原永光は「(親善試合=ブラジル戦で、カズが)壁に入って、顔で止めたところも、なかなかできないところをカズさんはやってくれたので、ある意味、僕は信頼できたなっていうのはありました」と語る。

グループステージでの戦いについて、星翔太は「切り抜けたという表現が正しいと思います。耐えて、自分たちの唯一のチャンスをものにした」といい、森岡薫に至っては「実は(W杯)タイに行く前、僕一瞬辞退しようかと思っていた。結局なんか、かみ合わないっていうか、自分の中ではかみ合わなくて。悩みましたね」と衝撃の告白。大会前の複雑な胸中を吐露した。

しかし、グループリーグのポルトガル戦では、強豪を相手に劣勢から同点に追いつき、貴重な勝ち点1を得ることに成功した日本代表。ミゲル・ロドリゴ監督は「みんな疲労困憊の中、素晴らしいパワープレーだった。99.9%選手の力だよ」と選手を称え、北原亘は「試合の展開も含めて、対戦相手も含めて、あの勝ち点1というのは、フットサル界の歴史を変える勝ち点1だったと断言できます」と力強く語った。

また、カズは「ポルトガルに、ああいう劣勢の中、追い付いて、あわや勝つところまでいったと思うんですよ。あの1ポイントっていうのは、日本にとって、あの時の和というか絆というのは、自分がずっと求めていた雰囲気にはまっていった。それは感じていました」と振り返り、そんなカズについて、森岡は「試合終わった後、みんなでシャワー行くんですけど、カズさん、傷だらけなんですよね。ヒザとかヒジとか。ああいうの見ると鳥肌立ちますよね。この人がそこまでやってるんだったら・・・」と明かす。

そして、大会を終え、総括を求められたカズは、「僕が今回出たことで、今日明日じゃない。5年後、10年後、みんながこれから頑張ってやっていきながら、あの時(カズが)出てくれて、それもよかったんだねって。その時が、はじめて自分がよかったなって思う時」と笑顔を見せた。

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

(http://news.livedoor.com/article/detail/7142237/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。