体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【自転車に乗って】アジア最高峰のレース! ジャパンカップ2012を観戦してきた!

【自転車に乗って】アジア最高峰のレース! ジャパンカップ2012を観戦してきた!
【ジャパンカップとは!】

1990年にアルカンシェルを巡る世界選手権自転車競技大会が宇都宮で開催された事をきっかけに、

1992年から始まったサイクルロードレースのことですよ。 断じてお馬さんのレースじゃありません。

日本国内のレースで唯一チームランク最高のUCIプロチームカテゴリを招待出来るすっごいすっごいレースなのです。

どういうチームが来るのかと言えば、ツール・ド・フランスで優勝を競い合い、ステージ優勝なんてしちゃうなんて当たり前みたいな

世界最強レベルの選手達が日本にやってきてそれを生で見られるという大会なんです。

サイクルロードレース本場のヨーロッパには到底行くことが叶わないファン達にとっては、唯一テレビで見るような選手たちを

生で見られる機会と言っても過言ではないビックイベントなのです。

そんなビックイベントを今回は

金曜夜に行われたチームプレゼンテーション!

土曜に宇都宮駅前で行われたクリテリウム!

その夜に行われた増田選手のリクイガス電撃移籍会見!

の3本は仕事で行けなかった。

日曜日の古賀志林道での決戦! ジャパンカップレースをご紹介します!

【宇都宮までの移動手段はもちろん】

自転車乗りが自転車イベントを見に行くのに自転車以外の交通手段があるだろうか、いやありえ無い!

ということで当日の朝宇都宮に着くことを目標に仕事後の仮眠から目が覚めた後なので朝2時に家をスタート。

記者の住む東京から宇都宮に向かうルートで使うのは宇都宮まで一本で行けてしまう日本の大動脈のひとつ国道4号線です。

トラックの交通量が多い道路ですが、ほとんど平坦であり、なおかつ信号が少ない為巡航速度はかなりのスピードです。

茨木に入ったあたりから街灯が無くなり、闇夜の中を走るため自己アピール手段としてライトと赤色灯こそ命を繋ぐ生命線。

トラックの交通量が多いと書いた通り、そのおかげで路面コンディションはお世辞にも良いとは言えず、夜間では落下物に気がつくのが

とても難しいので、アピール用のライトとは別に250ルーメン相当の路面を数十メートル先までしっかりと照らせるライトを一本持つことを推奨致します。

車と遠くの町の明かりを眺めながら頻繁に途切れる街灯と手持ちの矮小なライトを頼りに走る様は中々旅めいた感じがします。

スタートすること3時間弱、70キロも走った頃には東の空が徐々に明るくなっていきます。

明るさが増していく中、周囲の畑や小さな町から立ち込めてくる朝もやの中を走るのは中々感慨深い体験となりました。

【自転車に乗って】アジア最高峰のレース! ジャパンカップ2012を観戦してきた! 【自転車に乗って】アジア最高峰のレース! ジャパンカップ2012を観戦してきた!

しかし明るくなって油断した頃にまさかのトラブルが発生致します。

油断した瞬間路面に落ちていた黒い物体を踏んでしまい前輪が一瞬にして音を立てながらパンクしてしまいました。

落下物を見てみればトラックのホイール止めと思われる巨大なナットでした。

パンクの種類はスネークバイト、リムうちパンクで見事に名前通り蛇に噛まれたような穴があいていました。

修理はめんどくさいのでチューブの交換をし一本だけ持ってきていたCO2ボンベで一気に膨らまし5分でパンク修理を完了し宇都宮へ再出発しました。

ですがこのトラブルはまだ終わっていませんでした。

【餃子だ! そして最大のピンチ】

家を出ること5時間半、コンビニ休憩1回で110キロを走りきり朝7時半頃に到着しました。

宇都宮に来た以上目指すはもちろん、餃子屋です!

【自転車に乗って】アジア最高峰のレース! ジャパンカップ2012を観戦してきた!
1 2 3 4 5 6次のページ
生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。