体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベトナム戦争前後まとめてみた【前編】

ベトナム戦争前後まとめてみた【前編】

ここまでのおおまかなできごと。

アヘン戦争

明治維新

日清戦争

日露戦争

満州事変

日中戦争←イマココ

 

ベトナム戦争前後まとめてみた【前編】

 

日本「中国死ね!」

中国(中華民国)「アイヤー! お前が死ぬアル!」

米 「中国ちゃん頑張ってね^^ お小遣いあげるからね」

英 「フランス、お前が支配してるインドシナ経由で中国にこれ届けて」

仏 「ウィ。ミーも支援してるザンス」

日本「ライミー(英国人の蔑称)UZEEEEE!! こないだまで俺と同盟組んでたのに!!」

中国「ヒヒヒ助かるアルよ」

 

 

ドイツ「フランスとったヴィッヒ!!」

ドイツ「親ドイツ政権建てさせたったッヒwww」

ヴィシーフランス「ワタシドイツオジサンダイスキ(棒」

 

日本 「ドイツよくやった!おいヴィシー、あいつらの支援せき止めるから

    俺らを北部インドシナに駐留させろ。仏印(フランス領インドシナ)統治は

    フランス政府って体にしておいてやるから。いいな?」

ヴィシー「ワカリマシタ」

 

北部仏印進駐

ベトナム戦争前後まとめてみた【前編】

 

 

ベトナム(阮朝)「やった! フランス人を(実質)追い出してくれよった!」

タイ   「さすがワイの同盟国や」

ベトナム 「せやな」

ラオス  「日本の利益のための進駐やけど、ワシらにとっては僥倖ぜよ」

カンボジア「西欧人にわやにされとったからな。実際助かったでしかし」

 

 

米 「聞いてねーぞ……おいイギリス、お前んとこのビルマ経由で中国支援しろや」

英 「あいよ。(うるせーよヤンキーwww)あと日本、調子乗りすぎんなよ?」 

日本「米英マジぐうの音も出ないほどの畜生。ビルマも止めるしかねえわ」

南部仏印進駐

ベトナム戦争前後まとめてみた【前編】

 

〜〜水面下で〜〜

ベトミン(ベトナム独立同盟会)代表ホー・チ・ミン

「フランスも日本もベトナム独立の敵だ!!」

 

米  「ベトミンちゃん頑張ってね、はいこれお小遣い」

   (とりあえず日本の邪魔してくれりゃなんでもいいわ)

中国 「ベトミン頑張るアル。この金でフランスと日本を追い出すアル

   (ついでに共産主義陣営の手を拡大するアルよ)」

〜〜〜〜〜〜〜〜

 

日本「何だよ欧米ども、こんなところに呼び出して何の用だ?」

欧米「日本君……これ、読んで欲しいな……///」

日本「おいおい何だよ急に改まって……(ラブレターかな?///)

   ……げぇっ、最後通牒!

※『俺らの言う事全部聞いて骨の髄までしゃぶられるか、死ぬか。好きなほう選んでいいよ^^』というデスレター。

  通称「ハル・ノート」。

 

列強「おめーの席ねえから!!www ねぇ今どんな気持ち? どんな気持ち?www」

日本「(ここで引いたらアジア諸国と同じように欧米のオモチャにされる……)

1 2 3 4次のページ
生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。