ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Windows 8プチテクニック cmdでIMEが有効になってしまうのを停止する

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

先日より始まったWindows 8のプチテクニック紹介企画の第二弾。今日はコマンドプロンプトを起動すると、標準状態では、日本語IMEがオンになった状態で起動してくるが、これが地味に迷惑だったりする。コマンドプロンプトは、IPアドレスのチェックを行う「ipconfig」や「netstat」「ping」といったネットワーク関連の基本的なコマンドから「chkdsk」「defrag」といったディスク周りのコマンドと便利なコマンドが多く用意されている。

まずはコントロールパネルを開いたら>「すべてのコントロールパネル項目」>「言語」>「詳細設定」とたどり、そこにある「入力方式の切り替え」項目内にある「アプリウィンドウに異なる入力方式を設定する」にチェックを入れたら「保存」をクリックする。これでコマンドプロンプトを起動しても日本語IMEが有効になった状態で起動してくることはなくなる。

Windows 8プチテクニック cmdでIMEが有効になってしまうのを停止する「すべてのコントロールパネル項目」>「言語」>「詳細設定」にある「入力方式の切り替え」にある「アプリウィンドウに異なる入力方式を設定する」にチェックする。 Windows 8プチテクニック cmdでIMEが有効になってしまうのを停止するコマンドプロンプトを起動しても日本語IMEが有効になっていない。

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

外部サイト

自分の視線と風景が結ばれる点を探す!齋藤誠一氏 写真展「Alignment」を開催【GRバトン 写真家リレー】
Macユーザーも注目!新しいScanSnapはWindowsやスマホだけじゃなくMacOSでも便利に進化【デジ通】
Firefoxのウィンドウ幅をピクセル単位で指定できる『FireBreak』【知っ得!虎の巻】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7139943/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。