体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今こそ買いどき!? 入手しやすくなって話題の『GALAXY Note』はこんな風に使える端末

3円運用が可能になって話題の『GALAXY Note』はこんな風に使える端末

5.3インチの大画面ディスプレーを付属のタッチペンでも操作でき、1.5GHzのデュアルコアCPUを搭載するAndroidスマートフォン『GALAXY Note SC-05D』。新機種『GALAXY Note II SC-02E』の発売を11月16日に控え、現行機種が格安で購入、運用できることが注目を集めています。そんな『GALAXY Note』の魅力を改めて見ていきましょう。

本体価格が大幅値下げ 初期費用0円のケースも

今改めて注目されるきっかけとなったのが、10月18日から適用された本体価格の大幅な割り引き。もともとの本体価格が6万6360円(税込み)のところ、新規契約では『デビュー割』、機種変更では『ご愛顧割』という、4万1160円分の割り引きが適用されて本体価格は2万5200円(税込み)になりました。

MNPで他キャリアから乗り換える際にはさらにキャッシュバックが適用され、本体価格は実質0円になるケースも。量販店では一括購入で本体価格0円という条件の店舗もあるようです。

入手しやすくなったとはいえ、『GALAXY Note』は十分なスペックを備え、特色ある魅力的な端末です。発売時のレビューに続き、改めてその実力を検証していきましょう。基本機能やタッチペンの使い心地などは、過去のレビューを参考にしてください。

前回のレビューはこちら:
5.3インチディスプレー+タッチペンでデジタル文具の使い心地 “新カテゴリー”スマートフォン『GALAXY Note』とは?
http://getnews.jp/archives/199408

Android 4.0と新アプリでパワーアップ

Android 4.0にバージョンアップ

2012年4月に発売された『GALAXY Note』ですが、発売時のOSバージョンはAndroid 2.3。9月にはAndroid 4.0へのバージョンアップが提供され、機能がパワーアップしています。

Android 4.0から利用できるクイックコントロール

代表的なものが、Android 4.0のブラウザから搭載されたクイックコントロールの機能。ブラウザの「設定」→「Labs」→「クイックコントロール」のチェックを入れると利用できるもので、画面の左右の端に指を置くと指を中心に扇状のメニューを表示します。新規ウィンドウ、開いているウィンドウ、URL入力、ブックマーク、設定といった機能をこのメニューから呼び出しが可能。画面をスクロールしながらすぐに機能を呼び出せるので、画面サイズが大きい『GALAXY Note』では特に活躍する機能です。

7種類のテンプレートでノートを作成・管理できる『Sノート』

タッチペンで“書く”“描く”といったアナログ操作に特化したアプリとして『Sメモ』がプリインストールされていましたが、バージョンアップにより『Sノート』というアプリを新たに搭載。さらに便利でパワフルな機能が利用可能になりました。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会