体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビジネスシーンでも活用できる!10.1インチスライドキーボード搭載タブレット 「Eee Pad Slider SL101」 -ASUS 2011〜2012モデル-【最新タブレット指南】

2012年は、ドコモが異例の秋モデルを発表するなどタブレット元年と言える拡大をみせている。台湾のPCメーカーでもあるASUSからはOSにAndroidを搭載した通常のタブレットとしてもキーボードドックとドッキングしてノート型としても利用できるモデルが多数発売されており、魅力ある製品が増えてきた。

そこで、当ブログメディアITライフハックで、ASUSから発売されているキーボード搭載の最新タブレットが持つ特長をクローズアップし、アナタにふさわしいタブレット選びを探ってみたい。

是非、後悔しないタブレット選びの参考にしていただきたい。

今回は、スライド式キーボードを搭載した10.1インチタブレットEee Pad Slider SL101を紹介しよう。

■1kgを切る軽さ!タブレットとしてもノートPCとしても活用OK
Eee Pad Slider SL101の最大の特長は10.1インチ大画面タブレットとしてはもちろん、ディスプレイをスライドさせることでキーボードが現れノートPCスタイルでも利用できる点だ。

これにより、たたんだ状態では通常のタブレットとして利用でき、ディスプレイ部をスライドさせれば、ノートPCのように快適なタイピングが行える。

ディスプレイをたたんだ状態での厚さは18.3mm、重さは約960gとなっており、キーボード搭載タブレットしては1kgを切るなど驚きの薄さと軽さを実現しているのも嬉しい。

121101_sl101_itl_02_800

10.1インチながら片手で持てるAndroid搭載タブレット

121101_sl101_itl_03_800

画面をスライドさせればキーボードが現れる

121101_sl101_itl_04_800

本体正面、1280×800ドット10.1型ワイドLED IPS液晶を搭載

■最大8時間の利用もOK!ビジネスにも活用できるタブレット
Eee Pad Slider SL101はキーボード搭載タブレットとして、驚きの薄さ、軽さを実現しているのも特長だが、1回の充電で最大8時間の連続駆動が可能な点も見逃せない。これにより自宅だけでなく、外出先でも1日中たっぷりと利用できる。

OSにはタブレットに最適なインターフェイスを持つ「Android3.1 Honeycomb」が採用されているが、OS4.0へのアップデータが公開されており、ユーザー自身の手でネット経由によりOS4.03(ICS)環境を利用することができる。

またOffice互換アプリである「Polaris Office」をプリインストールしているので、タブレットモードでウェブブラウズや動画観賞、ちょっとした調べ物をするだけでなく、ディスプレイをスライドさせキーボードモードにして、ビジネス文書の作成や編集も行えるなど。プライベートだけでなくビジネスにも活用できるタブレットといえるだろう。

121101_sl101_itl_05_800

本体背面。上部に約500万画素のカメラを搭載

121101_sl101_itl_06_800

スライド時はディスプレイが斜めになり画面が見やすい

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。