ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、5.5インチディスプレイ搭載Android 4.1スマートフォン「GALAXY Note II SC-02E」の発売日を11月16日に正式決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


GALAXY Note II SC-02Eが10月19日に発売!
NTTドコモは12日、今冬発売予定の「2012年冬モデル」のうち、5.5インチHD有機EL(HD Super AMOLED)ディスプレイや2GBメモリー、ワンセグなどを搭載した、Android 4.1(開発コード名:JellyBean)採用スマートフォン「GALAXY Note II SC-02E」(サムスン電子製)を2012年11月16日(金)から発売開始することを発表しています。

GALAXY Note II SC-02Eは、先週11月9日(金)から各ドコモショップなどのドコモ製品取り扱い店において事前予約を開始しており、11月16日から販売開始することを予告していましたが、この度、正式に11月16日に発売開始されることが決定されました。価格はすでにドコモショップにて聞いたものを紹介していますので、参照ください。

02

GALAXY Note II SC-02Eは、今年4月に発売された電磁誘導式のスタイラス「Sペン」による繊細なペン入力が行える大型スマートフォン「GALAXY Note SC-05D」の後継機種で、Sペン機能がさらに使いやすくなっているほか、2GHz帯に加えて、1.5GHz帯にも対応したデュアルバンドのLTE規格による下り最大100Mbpsまで高速化したデータ通信サービス「Xi(クロッシィ)」対応や最大1.6GHz駆動のクアッドコアCPUを搭載したことでさらに高速な動作になったモデルです。また、前モデルではNFCを搭載していましたが、国内需要から新しくおサイフケータイ(Felica)を搭載しています。

■主な仕様
寸法
(高さ×幅×厚さ:mm)約151×80×9.7質量(g)約1893G連続待受時間(静止時[自動])(時間)約730LTE連続待受時間(静止時[自動])(時間)約650GSM連続待受時間(静止時[自動])(時間)約580連続通話時間(3G/GSM)(分)約850/約720連続テレビ電話時間(分)―モバキャス連続視聴時間(分)―メインディスプレイ
(サイズ、ドット数[横×縦 通称]、種類、発色数)約5.5インチ
720×1,280
HD
有機EL
1677万色サブディスプレイ
(サイズ、ドット数[横×縦]、種類、発色数)―バッテリー容量3,100mAhROM/RAM32GB/2GB外部メモリー
(最大対応容量)microSD(2GB)
microSDHC(32GB)
microSDXC(64GB)外側カメラ機能
(撮像素子種類、有効画素数/記録画素数)裏面照射型CMOS
約810万画素/約800万画素内側カメラ機能
(撮像素子種類、有効画素数/記録画素数)CMOS
約190万画素/約190万画素CPU
(チップ名/クロック)Exynos4412/1.6GHzクアッドコアOSAndroid 4.1「Xi」(クロッシィ)(LTE)100Mbps/37.5MbpsFOMA®ハイスピード
(HSDPA/HSUPA)14Mbps/5.7MbpsWi-Fi(無線LAN)
(Wi-Fiテザリング同時接続台数)○
(10台)防水/防塵―色Marble White
Amber Brown製造メーカーサムスン電子株式会社

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
報道発表資料 : 「docomo NEXT series GALAXY Note II SC-02E」を発売 | お知らせ | NTTドコモ

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

外部サイト

NTTドコモ、5.5インチディスプレイ搭載Android 4.1スマートフォン「GALAXY Note II SC-02E」の発売日を11月16日に正式決定
待望のEMOBILE LTE対応のAndroidスマートフォンが登場へ! イー・アクセスが来春以降発売を予告
パナソニック、ELUGA V P-06Dの新色ホワイト発売記念で体組成計などが当たるキャンペーンを実施

(http://news.livedoor.com/article/detail/7134704/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。