体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ユニコーンら5組がお祭り騒ぎ! 〈Zepp! Step! SMA!〉名古屋公演をレポ

 

ユニコーン(photo by 柴田和彦)

 

タワーレコードが、多数の人気アーティストを擁するSony Music Artists Inc.(以下SMA)と、大型ライヴハウスのZeppを運営する株式会社Zeppライブエンタテインメントとの共同企画として実施しているライヴ・イヴェント〈LIVE! TOWER RECORDS 『Zepp! Step! SMA!』〉。ここでは、札幌、大阪に続いて11月8日に愛知・Zepp Nagoyaで行った名古屋公演の模様をレポートします!

 

AMEMIYA(photo by 柴田和彦)

 

開演中アクトとしてまずステージに現れたのは、お笑い芸人のAMEMIYA。客席からの〈男前!〉という声に上機嫌だった彼は、イヴェントの幕開けに相応しい“Zepp! Step! SMA! はじめました”でパフォーマンスを開始。“ういろう買って帰りました”などご当地ネタも混ぜ込みつつ、代表曲(?)“冷やし中華はじめました”でオーディエンスの合唱をバッチリ決めた……と思いきや、去り際に舞台袖でずっこけるなど、最後まで爆笑を誘って会場を暖めてくれました。

 

ザ・ビートモーターズ(photo by 柴田和彦)

 

そして本編のトップバッターは、メンバー全員が黒スーツに身を包んで登場したザ・ビートモーターズが担当。“メリーゴーランド”でライヴをスタートさせた彼らは、中盤に秋葉正志(ヴォーカル/ギター)が「今日はせっかくのお祭りということなので、SMAアーティストのカヴァーをやりたいと思います!」と宣言し、木村カエラ“Butterfly”、T-SQUARE“TRUTH”、フジファブリック“夜明けのBEAT”、ユニコーン“服部”、真心ブラザーズ“どかーん”をメドレーで披露! これにはオーディエンスも興奮を隠せません。さらに、最後はオワリカラを呼び込んでPUFFYの名曲“アジアの純真”をセッションするというサプライズも! 2組とも楽しそうに演奏する姿が印象的で、若手ならではのパワーに満ちたステージを見せてくれました。

 

オワリカラ(photo by 柴田和彦)

 

そのままオワリカラのライヴに突入し、彼らは“GO”を皮切りに“おいでシスター”“ノーシェルターフォーストレンジャーズ”などを次々と演奏。各メンバーが暴れまわるアグレッシヴなパフォーマンスと演奏力の高さで、会場の空気を一変させます。最新アルバムの表題曲“Q&A”などを経て披露されたラストの“ガイガンガール・ガイガンボーイ”では、キーボードのカメダタクは機材を持ってステージ前方へ飛び出す、ベースのツダフミヒコはなぜかきれいに倒立するなど、フロントを務めるタカハシヒョウリ(ヴォーカル/ギター)を含め、圧巻のパフォーマンスを繰り広げました。

1 2 3次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。