体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

多くのプログラマーを育てた「ファミリーベーシック」とは?

 今やすっかり私たちの生活に浸透したFacebookやTwitterですが、ここにきてFacebookの株価下落やTwitter離れなど、その人気に陰りが出てきたことも指摘されています。
 『ソーシャルもうええねん』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション/刊)の著者でエンジニアの村上福之さんは、本書のなかでSNSやTwitterの語られることのない裏側に切り込み、これらの現象の原因についてつづっています。
 今回は村上さんご本人にお話をうかがい、ソーシャルメディアの実態と今後の展望を語っていただきました。後編の今回は、本書のもう一つのテーマともいえるIT従事者のキャリア・独立についてお聞かせいただきました。

―2章ではIT企業で働く人のキャリアについて触れられています。特にヒット商品を出したエンジニア・プログラマーのその後のお話が強く印象に残ったのですが、コードを書くのが好きだったエンジニアが、いつの間にか社内調整や会議に追われるようになってしまうのは悲劇的です。こういった職種の人が好きな仕事をやり続けるためには、やはり独立するしかないのでしょうか。

村上「会社ってどうしてもそうなってしまうんですよね。これは、エンジニアに限らずどの職種でも同じだと思います。成果を出す人ほど、いらない会議に呼ばれることが増えてどんどん時間が潰れていってしまう。
ただ、会社よってはある仕事のスペシャリストとしてのキャリアパスを残しているところも増えています。プログラマーであれば、ずっとコードを書いていてくださいね、ということで、“○○フェロー”だとか“○○スペシャリスト”っていう肩書を作って、その会社に残れる制度ですね。大きな会社は割とそういうのがあります。
でも、この制度には問題があって、スペシャリストとしてのキャリアパスを持った瞬間、給料の上限が決まっちゃうんですよね。役職も、管理職にはなれるかもしれないけど、技術部門の管理職に限られてしまうんです。大きなメーカーだと研究所の所長くらいまでで、専務とか取締役になるのは厳しいと思います」

―それでもいい、という人にとっては長く会社にいられますし、いい制度なのかもしれませんね。

村上「そうですね。逆に小さすぎる会社だと、多少上の方にいってもバリバリ現場をやらないといけなかったりします。10人とか20人くらいの会社だと、CTO(チーフテクニカルオフィサー)がソースコード書くのも珍しくありません。
有名なところだと家庭用ゲーム機のソフト開発をやっているHAL研究所ですね。任天堂の社長の岩田さんは、もともとHAL研究所の社長だったんですけど、『MOTHER2』までソースコードを書いていたっていう話があります。スタッフロールに名前がありますからね(笑) そういう生き方もあります』

―エンジニア・プログラマーとして独立する時に陥りがちな落とし穴として、どのようなものがありますか?

村上「独立したエンジニアがまずわからないところは、“普通の人”にもわかりやすく会話するっていうところです。どうしても専門用語が入ってしまうので、僕もできるようになるまでにすごく時間がかかりました。
今でもしゃべる時とか、ブログを書く時はあまり技術用語をできるだけ入れないようにしています。
あとは、自分が提供した技術に対する値段の付け方がわかるまでは時間がかかりましたね。
例えば、核融合を使って米を炊く炊飯器を作ることって技術的には可能なんですよ。でも、それには当然何億円もかかります。“核融合を使って今までにないくらいふっくらとごはんが炊けます”という炊飯器のために何億も出す人がいるかっていうとあまりいませんよね。でも、作った技術者は“これはすげえ!何億円もの価値があるぞ!”ってなりがちなんです。そのギャップを埋められるようにならないといけません」

―次に、エンジニアとしてではなくいち起業家としての村上さんにお聞きしたいのですが、独立・起業全般について気をつけるべきことがありましたら教えていただければと思います。

村上「僕は、働くことって基本的には世のため人のためだと思っています。でも、残念ながら会社作った時にみんな陥るんですけど、お金ばかり追って“世の中金だぜ!”モードになるんですよね。僕もなりましたし、なってもいいと思うんですけど、それをずっとやっていると友達とか協力してくれる人がどんどん減ります(笑) 一時的に“世の中金だぜ!”になるのはいいですけど、できるだけ早くそれじゃいけないってことに気づいてほしいですね。
一度それで痛い目にあって、早く失敗して“働くのは世の中のためであって、そうじゃないと協力してくれる人が減って売り上げも上がらない”っていうことに気づいた方がいい、というのは言いたいです」

1 2次のページ
エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会