ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

前野健太、話題のニュー・アルバムに先駆け初シングルをタワー限定発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

 

2013年1月23日発売のニュー・アルバム(タイトル未定)のプロデューサーに、ジム・オルークを起用したことも話題となっているシンガー・ソングライター、前野健太。彼が、キャリア初のシングル“東京2011”をタワーレコード限定で12月12日にリリースする。

前野健太 “東京2011”ジャケット画像

完全限定生産となるこのシングルには、2011年の東京を記録した松江哲明監督によるドキュメンタリー映画「トーキョードリフター」のなかで、主演の前野が披露している表題曲“東京2011”のシングル・ミックスと、未発表のオリジナル曲“池袋で”“私の怒りとは”の計3曲を収録。新アルバムと同じくジム・オルークがプロデュース/録音/ミックスを担当しており、さらに500円というワンコイン価格に設定されているため、完売は必至と言えそう。ファンは早めにご予約を。

明日11月13日(火)にアナログフィッシュとの2マン・ツアー〈フィッシュミー 2012〉がスタートするマエケンは、2013年1月1日(火)に東京・渋谷WWWで108曲を披露するワンマン公演を実施。ほかにも続々とライヴが決定しているので、気になる人は彼のオフィシャルサイトをチェックしてみよう。

★前野健太のニュー・アルバムに関するニュースはこちらから

 

〈前野健太 “東京2011”収録曲〉
1. 東京2011(single mix)
2. 池袋で
3. 私の怒りとは

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。