ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

野茂英雄、清原和博との″伝説の対決″を振り返る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

11日、日本テレビ「行列のできる法律相談所」では、ゲストの「会いたい人」をテーマに番組が進行、ロックミュージシャン・甲斐よしひろは、元メジャーリーガー・野茂英雄の名前を挙げ、野茂がスタジオに登場した。

バラエティへの出演に際し、「あまりオモロイこといえない」と苦笑いを浮かべた野茂だったが、出演を快諾した理由を訊かれると、「違う分野の人が逢いたいといってくれたのが嬉しかった」と語った。

すると、番組では、甲斐が挙げた「伝説の名勝負」として、1994年のパ・リーグ開幕戦=近鉄×西武戦を紹介。野茂が最終回までノーヒットノーランを続け、プロ野球史上初となる快挙、「開幕戦ノーヒットノーラン」まで、あと3人に迫った試合だ。

だが、西武の先頭バッター・清原を迎えた野茂は、得意のフォークではなく、ストレートを連投し、真っ向勝負を挑んだ。結果、4球目で二塁打を打たれるも、「力でくる打者には、力でいかなければ」というコメントを残している。

この試合を振り返った野茂は、「ストレートとフォーク、2種類しかないので、ストレートを投げるのを怖がってたら、いつまでたっても投げれなくなる」と、その理由を明かす。この時、対戦した清原も、“全部ストレートでくる”という予感があったとされるも、それでもストレートを投げたことについて、「そこでストレートで抑えることに、次からの対戦に意味がある」と話しつつ、清原との対戦には、「あの年は、それ以降フォーク投げてます」と話し、スタジオを笑いに包んだ。

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

(http://news.livedoor.com/article/detail/7132614/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。