ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『千日の瑠璃』405日目——私は寿司だ。(丸山健二小説連載)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

私は寿司だ。

握り寿司を更に笹の葉で巻いた、祝い事には欠かせない、まほろ町の寿司だ。世一の家族は私を囲んで上機嫌で喋りまくり、むやみに笑いころげていた。四人は私をつまむ前に交替で入浴し、それから仏壇の前に坐って、丘を残してくれた先祖に礼を述べ、丘を手放すことを詫びた。世一はともかく、ほかの三人がそれほど真剣に先祖を敬い、心の底から感謝したことは初めてだった。

世一は私を笹ごと食べようとして笑われた。勝手につわりと思いこんでいる世一の姉は、巻き寿司にしか手を出せなかったが、それでも笑みが絶えることはなかった。世一の母は「生きてれば何かいいことがあるもんだね」と幾度も言い、言うたびに私を頬張り、やたらに笑った。「不便な暮らしともこれでおさらばだ」と世一の父が言った。そして世一は、私を細かくちぎってオオルリに与えた。だが、青い鳥は玉子焼きをほんの少しついばんだだけで、あとは「どうなることやら、どうなることやら」とさえずるばかりだった。

酒宴たけなわの頃、世一の父は最新の鬘のカタログを禿げ頭にのせて、宴会用の滑稽な踊りを披露した。家ではほとんど笑ったことのない世一までが笑った。そんな息子を見た母親は、こう言った。「この子の病気もよくなってくれるといいんだが」と。父親も姉も頷いた。そうやって私は、冷たい雨に降りこめられた、皮算用の一日を盛りあげたのだ。
(11・9・木)

丸山健二×ガジェット通信

カテゴリー : エンタメ タグ :
丸山健二の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://marukuen.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。