ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【2012年11月12日~11月18日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
今週の1位

タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2012年11月12日~11月18日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:魚座

運気は好調。特に勉強運が好調なので興味のあることは掘り下げてみると良いかもしれません。また資格取得など向上心を持って取り組むと吉。新しいことでもどんどんおそれずにチャレンジしてみましょう。今週は誰かのために頑張るよりも自分のために頑張る週にして。

第2位:蟹座

あなたの意思とは無関係に周囲の状況が変化しようとしているときです。あなた自身はいつもと変わらないペースを貫き通したほうが良さそうです。周囲の空気にのみこまれないように。この変化は結果としてあなたに良い影響をもたらしてくれるでしょう。対話は大切に。

第3位:乙女座

意欲のあるところを積極的にアピールすると好印象に。時間があれば旅行に出るなどしていつもと違う空気に触れると良いでしょう。対人面は相手に過剰な期待を抱いたり上から目線で接するのではなく対等な立場で話し合うことが大切。思い立ったが吉日と行動して吉。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/272130 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:牡牛座
信念や理想に基づくあなたのまっすぐな言動が支持され周囲からの協力が容易に得られるときです。遠慮は不要です。行動を起こすなら今がチャンス。ただし感謝の気持ちを言葉や態度に表すことをおざなりにしないことが肝心。言わなくても伝わるなどと思わないこと。

第5位:水瓶座
家族など身近な人との時間を大切にすることで精神的なストレスが軽減されるかもしれません。悩み事は関係している人よりも全く関係のない人に聞いてもらうほうが違った視点からの解釈が得られて良いヒントになるでしょう。健康運に黄信号。早めに病院など対応を。

第6位:山羊座
今週は新しい人間関係を広げるよりもこれまで築いてきた身近な人たちとの交流を大切にすることが幸運の鍵となりそうです。嫌味や察してチャンな言動は禁物。言いたいことがある時は感情的にならずに相手に伝えましょう。より良い関係へと発展するかもしれません。

第7位:獅子座
過去に諦めたことや中途半端なままに放置したものなどに着手するときがきたようです。しばらく苦労するかもしれませんがここを乗り越えれば大きな力となるはず。見返りが見込めないとしてもあえて甘受する選択も時には必要です。休日はしっかり休息にあてること。

第8位:射手座
忙しくて落ち着かない週となりそうです。優先順位をきちんと見極め対処して乗り越えましょう。高望みは禁物です。現実的に可能か不可能かを考えること。事前にできうる準備はしておくと心配しなくて済むでしょう。また貯蓄などを本格的に始めるのも良い時期です。

第9位:蠍座
不安に思っていたことが的中してしまいそうです。事前に可能な限りの対策は練っておいたほうが良さそう。また周囲の反応が鈍かったとしても嫌味を言ったり呆れたりという言動はあなた自身の人間性を貶めることとなるので控えましょう。投げやりにならずコツコツと。

第10位:牡羊座
目標が見定まらず何事も中途半端になってしまいがち。また発言もブレやすいので信用を損なわないよう気をつける必要がありそうです。行動を起こす際は事前に計画をしっかり練っておくこと。不安点もつぶしておく慎重さが成功の鍵となるでしょう。無駄遣いに注意。

第11位:天秤座
物事がなかなか思うように進まずイライラすることが増えるかもしれません。しかし感情的になるのは禁物。人間関係にヒビを入れる結果となりかねません。また自分自身にも反省すべき点がなかったかどうか振り返ることも大切。芸術観覧はセンスが磨かれるでしょう。

第12位:双子座
運気は低調気味。過ぎたことにこだわっていつまでも引きずるのは禁物。あなたの人物評そのものにマイナスとなりかねません。気持ちを切り替えましょう。また中途半端な知識の披露や知ったかぶりは信用を落とす結果にも。謙虚に教えを請う姿勢を大切にしましょう。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。