ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

オンキヨーのPC部門に変化 SOTECからONKYO、そしてMoneualへ【デジ通】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

オンキヨーと言えば老舗オーディオメーカーだが、PC部門もあった。あったというのは以前ソーテックの株式を取得するなどし、PC市場に進出するなどしていたが、持株会社制に移行したため状況が変化した。

オーディオ部門は「オンキヨーサウンド&ビジョン株式会社」、PC部門は「オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社」になるなどして会社が分社化された。その後も動きがあり、現在のオンキヨーのPC部門はどうなったのか説明していこう。

■SOTECから、ONKYO、そして、Moneualへ
オンキヨーのPC部門はソーテックの株式を取得した2007年8月から開始し、2008年9月にはソーテックと合併したことから本格化する。

2009年10月にONKYOブランドをつけて店頭販売なども展開したが、2012年初め頃までには価格競争などから店頭販売をやめ、ダイレクト販売や法人向け販売に注力している。

PC部門はオンキヨーデジタルソリューションズ株式会社に引き継がれたが、最近では通常のPCに加えて、タブレットPCやSlatePCに注力していた。ITライフハックでも何度かニュースを掲載したことがある。

タブレットPCは個人向けや法人向けでも今後の伸びが期待できるが、会社としてはさらなる成長を目指しており、PC以外の製品にも注力しようとしている。その戦略パートナーがモニュエル社(Moneual)となる。

オンキヨーのPC部門に変化 SOTECからONKYO、そしてMoneualへ【デジ通】

モニュエルは本社が韓国にあり、オンキヨー株式会社とモニュエルが合弁企業となるモニュエル・オンキヨー・ライフスタイル社(Moneual Onkyo Lifestyle Inc.)を設立した。

オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社はオンキヨー株式会社の100%子会社だったが、株式を2012年6月にこの合併企業に譲渡した。モニュエル・オンキヨー・ライフスタイル社の資本比率は、オンキヨーが28.57%、モニュエルが71.43%となる。

このモニュエル・オンキヨー・ライフスタイル社がPC以外に展開しようとしているのが、モニュエル社の家電製品などだ。モニュエル社はアメリカの家電ショーのCESで賞を受賞するなど、知名度も比較的高く会社だが、海外ではすでに販売されているロボット掃除機やMoneual社のPCなどを日本市場に投入していく。

ソーテック時代のデスクトップPCは韓国トライジェム(TriGem)から調達していたことを考えると、韓国企業との提携が必ずしもうまくいくとは限らない。今後の行く末が気になるところだ。

オンキヨー株式会社

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

digi2は「デジタル通」の略です。現在のデジタル機器は使いこなしが難しくなっています。
皆さんがデジタル機器の「通」に近づくための情報を、皆さんよりすこし通な執筆陣が提供します。

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

外部サイト

北欧パーツ第二弾! スウェーデン「Fractal Design」のPCケース登場
ケース一体型で違和感なし!Bluetooth スライドキーボード for iPhone5【イケショップのレア物】
Excelの起動と同時にファイルを開きたい【知っ得!虎の巻】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7125833/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。