体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『機動戦士ガンダムSEED』のキラ・ヤマトに電話してみた! 声で“モビルスーツデッキ”を一緒にお散歩

SEED

以前、ガジェット通信記者wosaさんが体験していた『シャア・アズナブル専用電話』。あのシャアとプライベートで会話をしたなんて、アニメ好きとしては非常にうらやましく思っていました。電話してみたい。でも、正直私って平成ガンダム世代だし……!

【関連記事】俺は「坊や」なのか? シャアに“専用電話”で聞いてみた
http://getnews.jp/archives/266718

そこに、飛び込んできた「『機動戦士ガンダムSEED』スペシャルトークライブ」のニュース。豊口めぐみさん、保志総一朗さん、石田彰さんが参加する豪華なイベント内容も注目ですが、釘付けになったのは「キラ・ヤマトがチケット先行予約をコーディネイトしてくれる」という部分。

キラ・ヤマトと電話が出来る。『機動戦士ガンダムSEED』の作品はもちろん、男性声優が大好きな私はすぐに飛びつき、早速電話をかけてみることに。

SEED

キラに電話する(0570-05-0071)

コール音が響く最中、私の脳内には玉置成実の『Believe』が鳴り響く。ガンダムシリーズに名作は数あれど、OP&EDが最も名曲ぞろいなのは『SEED』だと筆者は思っています。

「もしもし、キラ・ヤマトです!」キラが電話に出る。電波の状況を確認する為に「はい」と言って欲しいと言われ応えると「こちらも君の声が聞こえたよ!」と爽やかなキラ。

「キャラクターと電話できる」と言っても、最初に音声が流れてあとはプッシュボタンで回答を選択するパターンだと、ファンにとっては少し寂しいもの。しかし、今回は違う。こちらが発した言葉に応じて、キラが言葉を投げかけてくれます。

SEED

電話を切ったあと、キラから送られてくるメールをチェックし、キラのコーディネイトで無事チケット先行予約を申し込んだ筆者は、引き続き『キラ・ヤマトのアークエンジェル きらきら散歩』を楽しむことに。
※ドメイン指定受信などを設定している場合は、banapassport.net を受け取り可能にしておく必要があります

『キラ・ヤマトのアークエンジェル きらきら散歩』はチケット先行予約に申し込まなくても楽しむことができるので、イベントに参加できそうにないという人にも嬉しいコンテンツ。

dsc07652

もう一度電話すると「ここにかけてきたってことは、アークエンジェル きらきら散歩だね。僕でよかったら精一杯案内してあげる!」とキラの受け答え。さ、爽やかだ。甲板、ブリッジ、モビルスーツデッキ、独房など、散歩する場所の候補をキラが提案してくれるので、行きたいところを回答しよう。

筆者は緊張のあまり「……ブ、ブリッ…ジ」とかなりモゴモゴしてしまったのですが、そんなダメな子に対しても「ごめん、船の音がうるさくてよく聞こえないんだ。もう一度言ってもらっていいかな?」とキラは優しいのです。

そしていざ散歩がスタートすると、アークエンジェルの中の仕組みについてや仲間について、キラ自身のことについてなど丁寧に教えてくれる。一緒に歩く足音も聞こえてきて臨場感もバッチリ。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。