体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ケース一体型で違和感なし!Bluetooth スライドキーボード for iPhone5【イケショップのレア物】

待望の高速通信LTEに対応で更に人気が高まり品薄が続いているiPhone 5だが、64GBモデルが店頭に出回ってくるなど、出荷状況は改善されつつある。最近になり、電車の中でiPhone 5を使っている人もをだいぶ見かけるようになってきた。

ただiPhone 5から接続端子が変更されており、PCとの接続や充電に利用するLightningケーブルの品薄は、いまだに続いている。とはいえ、サードパーティ製のLightning対応充電ケーブルや純正Lightning →microUSB変換アダプタのリリースなどにより、品薄問題は解消されつつあるようだ。

一方順調なのが、発売前から液晶割れを防ぐフイルムなどの用品だ。実は、iPhone 5とiPhone 4/4Sでは、イヤホンジャックが逆となるため、、iPhone 4/4S用ケースやカバーが利用できない。必然的にiPhone 5に移行した人は、ケースを購入しなおさなければならないというわけで、ユーザーには悩ましいところだろう。

今もiPhone 5の入荷を待っている人も、すでに所有している人にもオススメしたいのがiPhone 5がピッタリ収まるケース一体型のBluetoothキーボード「Bluetoothスライドキーボード for iPhone 5」である。

■ケース一体型でiPhone 5に装着したまま持ち運べる
この製品、iPhoneカバーの真下にBluetoothキーボードをセットし、スライドしてキーボードを引き出せる構造になっている。キーボードは収納時はiPhoneと一体となり、手前に引き出すとiPhoneがキーボード端末になる。カラーはブラックとホワイトの2色が用意されており、自分のiPhone 5の色に合わせることもできれば、違う色と組み合わせてツートンカラーにすることもできる。

ケース一体型で違和感なし!Bluetooth スライドキーボード for iPhone5【イケショップのレア物】iPhoneケースの下にBluetoothキーボードがある構造になっている。 ケース一体型で違和感なし!Bluetooth スライドキーボード for iPhone5【イケショップのレア物】こちらはホワイトモデル。持っているiPhone 5の色を考えてチョイスすればいい ケース一体型で違和感なし!Bluetooth スライドキーボード for iPhone5【イケショップのレア物】ホワイトモデルにホワイトのiPhone 5で色を合わせた場合 ケース一体型で違和感なし!Bluetooth スライドキーボード for iPhone5【イケショップのレア物】ホワイトのiPhone 5にブラックモデルを合わせてツートンにもできる。

■キーボードはバックライト付きでLEDインジケータも
キーボードは、パソコン同様のキー入力ができるQWERTY式キーだ。両手のに親指でポチポチ打ったり、テーブルなどに置いてパソコン風にポチポチ打ったりできる。

ハードキーボードでの文字入力にこだわる人や、ソフトウェアキーボードでの入力になじめない人にとって入力速度が劇的に向上すること請け合いだ。

さらに、このキーボードにはバックライトが搭載されており、暗いところのキーの判別が可能になっている。バックライトのオン/オフはキーボード上のファンクションキーから可能だ。また、キーボードの右側にLEDインジケータが搭載されており、Bluetoothのベアリング状態、バッテリーの状態、充電中かどうかといったことが確認できるようになっている。キーボードは充電式で一度の充電で約40~50時間動作できるる。

ケース一体型で違和感なし!Bluetooth スライドキーボード for iPhone5【イケショップのレア物】キーボードにはバックライトが搭載されている。 ケース一体型で違和感なし!Bluetooth スライドキーボード for iPhone5【イケショップのレア物】状態を確認できるLEDインジケータも搭載する。
1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。