ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

宇宙飛行士はどうやって大統領選に投票したのか?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

世界中の注目を集めたアメリカ大統領選挙は、現職のバラク・オバマ大統領が再選を果たしました。全米の1億人以上が一票を投じたそうですが、史上初めて国際宇宙ステーション(ISS)からの投票もありました。

今回の米国大統領選に宇宙から参加したのは、ISSに滞在中のスニータ・ウィリアムズとケビン・フォードの二人。投票の仕組みは、ジョンソン宇宙センターの飛行管制から電子化された投票用紙が送られてくるので、候補者を選択した情報を(宇宙センター経由で)州の選挙関係当局へ送信する、というものです。

日本でも話題にのぼる電子投票。米国では基本的に実施されていないものの、海外の有権者やハリケーンの被災者に限って、メールでの不在者投票を受け付けている州もあります。宇宙ステーションはテキサス州にあるのですが、州の法律は宇宙飛行士に電子投票を認めています。

ちなみに、アメリカ人で初めて宇宙空間から一票を投じたのはデイビッド・ウォルフで、1997年の地方選挙で一票を入れました。また、2004年にはリロイ・チャオが、旧ソ連が打ち上げた宇宙ステーションから、米国大統領選の投票に参加しています。

画像: 米国人宇宙飛行士の投票参加を伝えるウェブサイトのキャプチャー
http://www.space.com/18341-astronaut-vote-election-space-station.html

※この記事はガジェ通ウェブライターの「香椎みるめ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。