ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

吸血鬼のルーツがここに! Googleロゴにドラキュラが書かれている理由

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今日、11月8日は、日本でよく知られる吸血鬼「ドラキュラ」を描いた小説家、ブラム・ストーカーの生誕165周年を記念したロゴになっている。このドラキュラのモデルになったとされているのは、15世紀のルーマニア、トランシルバニア地方出身のワラキア公ヴラド3世(ヴラド・ツェペシュ)とされている。

この人のニックネームが「ドラキュラ」で出身地が現在のルーマニアということから、吸血鬼ドラキュラが誕生した。ルーマニア出身で伯爵であるドラキュラが英国に来たことから騒動が始まる。吸血鬼ノスフェラトゥ(不死者、ヴァンパイア)もこのドラキュラを示す別の言葉である。このドラキュラの好敵手として有名なのがエイブラハム・ヴァン・ヘルシングで、彼が主人公のハリウッド映画や漫画作品等も存在している。

Google

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

外部サイト

3か月で10キロ減量! デジタル時代のダイエット術 【デジ通】
急速に拡大する電子書籍市場! NECより新型の電子書籍リーダーが登場
電波が届くエリア拡大中! 東京メトロにおける携帯サービスエリア、またまた拡大

(http://news.livedoor.com/article/detail/7121199/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。