ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ザ・なつやすみバンドら新鋭3バンドが魅了! 〈タワレコメン vol.4〉をレポート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

 

タワーレコードのオーガナイズによるライヴ・イヴェント〈タワレコメン〉の第4弾が、10月26日に東京・新宿MARZにて開催。ここではその模様をレポートします!

 

左から、星原喜一郎、遠藤孝行

 

タワーがオススメする注目の若手グループ3組とDJが集結したこの日の公演。まずは開演前のフロアを、人気イヴェント〈New Action!〉のDJ陣である星原喜一郎と遠藤孝行が、インディー・ポップ/ロックからキラキラのエレクトロまで、ドキドキ感を煽るキャッチーな選曲でがっつりと盛り上げます。

 

OTOTOI GROUP

 

そんななかトップバッターとして登場したのは、紅一点・岩崎由季(ヴォーカル/ギター)のキュートかつファニーな歌声で、USインディー勢にも通じる独自のポップ・ロックを日本語で展開する5人組、OTOTOI GROUP。ちょっぴり寂しげなピアニカの音色とほのぼのとしたコーラスが耳に残る“Hire”でスタートし、弾けるような“Hole”に続きます。カウントと共に「OTOTOI見参!」の合図で勢いよく飛び出した“Forever pop music forever”、メンバーいわく「1番キャッチーな曲」という“WE ARE”、そしてファズ・ギターがキャッチーなメロディーをなぞる新曲“AVALON”などを立て続けに演奏。ラストとなったコンパクトなポップ・チューン“100 record”まで、楽しそうにプレイするメンバーの姿が印象的でした!

 

ザ・ラヂオカセッツ (photo by シオツキ コウヘイ)

 

次に現れたのは、タワー主催のオーディション〈Knockin’ on TOWER’s Door Vol.2〉でグランプリに輝いた4人組ロック・バンド、ザ・ラヂオカセッツ。「〈タワレコメン〉へようこそ! アゲていくんでよろしく!」との宣言通り、冒頭の“東京”からフロントマンの山下秀樹がギター片手にステージ狭しと駆け回ります。続くカントリー調の“古いギター”や、ちょうど金曜日だったこの日にぴったりのアッパーな“フライデー”、山下が「ずっと明けない夜の歌」と語り、浮遊感たっぷりのギター・サウンドでガラッとムード変えた“夜伽”など、色とりどりの楽曲でオーディエンスを魅了します。最後は、すれ違う愛をラヂカセ流に唄い上げた新曲“ラブソング”、そして“ロックンロール”を力いっぱいパフォーマンスし、ライヴ・バンドとしての実力を遺憾なく発揮していました。

 

ザ・なつやすみバンド

 

そしてこの日のトリを務めたのは、スティールパンやトランペットを採り入れたトロピカリズモにも通ずるユルめのサウンドで注目を集める4人組、ザ・なつやすみバンド。深いリヴァーヴがかかった中川理沙(ヴォーカル/ピアノ)の歌声とメンバーの輪唱、ふわふわしたシンセの音色がどこか別の世界へ誘うような“ポリネシアン観光センター”、MC.sirafuが吹くトランペットのメロディーがノスタルジックな“せかいの車窓から”で、早くも会場を彼らの色に染め上げます。続いて、タワー渋谷店のリニューアル・オープンに合わせて11月23日に同店で先行販売するニュー・シングル“めくらまし!”より表題曲と“デートソング”を披露。スティールパンが軽快に転がる“自転車”、マーチング風リズムからの2ビートで駆け抜ける“パラード”を挟んで、本編は“悲しみは僕をこえて”で一旦終了します。アンコールには、「どうしよう!? 用意してなかった(笑)」と本気で戸惑いながらも、“天の川”でイヴェントをばっちり締めてくれました!

タワーレコードでは、今後も話題のアクトを迎えてのライヴ・イヴェントを続々と開催します。詳細はTOWER RECORDS ONLINE内のLIVE INFORMATIONのページにてご確認ください!

★TOWER RECORDS LIVE INFORMATIONはこちらから

 

〈タワレコメン vol.4〉@ 新宿MARZ 2012.10.26 セットリスト
【OTOTOI GROUP】
1. Hire
2. Hole
3. FOR REAL
4. The 21st Century Dropout
5. Forever pop music forever
6. WE ARE
7. AVALON
8. 100 record

【ザ・ラヂオカセッツ】
1. 東京
2. 古いギター
3. ジャックとダニエル
4. フライデー
5. 夜伽
6. ラブソング
7. ロックンロール

【ザ・なつやすみバンド】
1. ポリネシアン観光センター
2. せかいの車窓から
3. めくらまし!
4. デートソング
5. 自転車
6. パラード
7. 悲しみは僕をこえて
〈アンコール〉
1. 天の川

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。