ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

自分で自分を“ブス”と認める勇気、ありますか?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

SNSやTwitterをみていると、頻繁に自分の写真を掲載する“自分撮り”をする独女や、さりげなく自分の“モテエピソード”をちりばめる独女をみかけることがある。
「私のフォロワーの中で『叶姉妹に似ているといわれる』とツイートしている人がいたんですけど、その人の外見はどちらかというと大山のぶ代さんに似ている(笑)。しかもしょっちゅう『今の彼氏と別れて、いろいろな男にちやほやされたい』などのイタいツイートばかり。この人の自己評価の高さは一体どこからくるのだろう……」

ある時何気ない会話の中で、筆者にこんな笑い話をしてくれた知人がいた。それを聞いて笑ってしまったのだが、そういった他からみると“勘違い”とも言うべき自己評価の高い独女はけっこう存在するように思う。

「素人さんをたまに撮影させていただくことがあるんですけど、一般女性の自意識というのはすごいものがありますね」

そう語るのは、雑誌編集者のAさん(男性・37歳)。プロのカメラマンが撮影し、その写真画像をチェックしてもらう。そうすると大抵が「えー」と不満を持つのだという。

「プロだろうが何だろうが、たぶん自分が認識している顔より劣っているように見えるのでしょうね。それだけ、女性は自分のビジュアルに対する自己評価が高い」

確かに「私、写真うつり悪いの」と公言する独女は多い。かく言う筆者も恥ずかしながらそんな言葉を口にしたことが度々あるように感じるが、何のことはない。写真という“現実”に目をそむけたいだけなのだ。
 
とは言え「あなたは自分を“ブス”だと思いますか?」という質問を独女にすると、おそらく多くの人が「はい」と答えるのではないか? とにかく、女性にとって自分の容姿を「美人」と公言するのは相当の勇気がいるし、「ブス」と自分で言うのはそれほど尊厳が傷つかない。

ちなみに、美容クリニックのクーポンサイト「キレナビ」が女性を対象に行ったアンケート調査によると「自分のことを『ブスかもしれない』と思うことはありますか?」という質問に、合計68%が「ある」と答えたとう。

ただし自分ではなく、人に「ブス」と言われると相当傷つくのが女性心理だったりする。自分で言うのはいいが、人に言われるのは嫌なのだ。その心理について「結局女性はどんなビジュアルでも、よっぽど精神力がないと自分で自分を“ブス”と認める勇気は持っていない」と断言するのは、多くの若い女性を取材した経験がある、フリーライターのT氏だ。

「女性って自分が最大限に可愛く見えるお気に入りの角度や表情があるでしょ。だから写真を撮るとみんなその顔だったりする(笑)。美人とは思っていなくても、“見ようによっては悪くない”“ばっちりメイクをすればイケる”という自己肯定をする。逆に、そこを否定されてしまうと、彼女たちは立ち直れない。逆に男性は自分がブサイクだって開き直ることがそこまで難しくないんですけどね。笑いに持っていくこともできるし」

恋愛では「美人は3日で飽きる」「ブスは3日で慣れる」などと言われるが、やはり独女にとって自分を“ブス”と認識するのは相当勇気がいるのである。それがたとえ周りからみると勘違いでも、そう思わないと生きていけない。そしておそらく「私ブスだから……」と独女がつぶやくのは「そんなことないよ!」という言葉を待っていたりする。女性はつくづく面倒な生物だ(橋口まどか)

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

外部サイト

自分で自分を“ブス”と認める勇気、ありますか?
【オトナ女子映画部】熟女はなぜ若い男を抱きたがるのか?『卒業』
最後に勝つのは頑丈系女子だった!

(http://news.livedoor.com/article/detail/7118402/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。