ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

映画『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]』成田監督に聞く“ドラマ”と“ドキュメンタリー”の違い

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
JAPAN IN A DAY

日本が、そして世界が自然の脅威に晒された“3.11”から1年後の“日常”の映像をつなぎ合わせてつくる映画『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]』が、11月3日(土)より公開中。老若男女多くの人が劇場に足を運んでいます。

『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]』は、映画界の巨匠リドリー・スコットが世界中に投げかけた「1年後の“あの日”を、あなたはどう過ごしましたか?」という問いに対し、日本を中心とした12ヶ国からの約8000件、総計300時間にものぼる映像の数々を紡ぎ、製作した映画。

本作に起用された成田岳監督は、フジテレビドラマ制作センターに所属しているドラマ演出家。過去には『サプリ』『プロポーズ大作戦』などを手がけています。普段はテレビドラマを制作する成田監督が映画を手がけての感想、映画を通じて見えたことなど、お話を伺いました。

――今回『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]』の監督を手がけて、まず最初に企画を聞いた時はどう思いましたか?

成田岳監督(以下、成田): 『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]』を同じく、リドリー・スコットが制作総指揮を務めた『LIFE IN A DAY 地球上のある一日の物語』(2011)がとても好きな映画だったので、それを日本を舞台に制作出来るということにとても魅力を感じました。同時に、“3.11”をテーマにすることの難しさ、プレッシャーも大きかったのですが。

――12ヶ国からの約8000件、総計300時間にものぼる映像を紡ぐという作業はとても骨の折れるものだったのではないでしょうか?

成田:それが、届けられた映像に目を通すことはとても楽しい時間だったんです。もちろん量は膨大ですから、観るだけで1ヶ月ほど時間はかかったので、苦労はありました。けれど、どの映像も魅力にあふれていて、必ず驚きがあって。

――なるほど。では、逆にその300時間の映像を2時間ほどの映画の尺に収めるため、編集する作業の方に苦労をされたのでしょうか。

成田:そうですね。映像を撮った人がそれぞれ思うところがあってものを僕がカットしたり、縮めたりするわけですからとても悩みましたし、難しさがありました。けれど劇場で公開する映画ならばそれなりに緩急があって映像として楽しめるもので無くてはならないし。その両方のバランスですよね。

――成田さんは通常はテレビドラマの制作に携わっているわけですが、ノンフィクションの世界と本作の様なドキュメンタリーの世界はきっと大きく違うものかと思います。

成田:ドキュメンタリーの映像、特に『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]』の様に撮影側と被写体が親密な場合、映像の距離感が全く異なりますよね。撮影側が被写体の恋人だったり家族だったりするわけで。でも、当たり前ではあるけど作り物では無いから、ドラマの様にキレイな盛り上がりや「ここで表情をアップで撮る」といった演出は出来ません。そこが、映画を作る側としては一番難しい部分であり、同時に魅力に感じる部分でもありました。

――こうして集められた映像はどれもとても大切で、良い悪いを決めることは決して出来ないと思いますが、最も印象的だった映像はあるのでしょうか。

成田:映画を編集していく中で、同じ映像を観ていたとしても、日によって受け取る印象が常に変化していて。何度も何度も観ていると、小さな発見があったりして。本当に一つに決めることが出来ないのですが、土台だけしか残っていない自分の家に向かって女性が語りかける映像は涙があふれ出ました。その女性の顔は映っていないんですが、それが何とも言えず印象的で、そんな辛い状況であっても前向きに生きようとしている姿に人間の強さを感じました。

――どうもありがとうございました。

映画『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]』は現在大ヒット上映中。公式サイトには、世界中から集められた“笑顔”が収められていますので、こちらもぜひチェックしてくださいね。

『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]』
http://japan-in-a-day.gaga.ne.jp/

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。