体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エンゲージド・ブッディズムへの旅(後編)

エンゲージド・ブッディズムへの旅(後編)

昨日に引き続き、井上広法さんのINEB国際会議参加レポートをお届けいたします。

INEB国際会議

ineb2011.jpg

 ブッダガヤは仏教最高の聖地でありながら、大菩提寺の周囲に民家は少なく、街から少し歩くととてものどかな農村風景が広がっています。

 大菩提寺のすぐ後ろにあるタイの寺院、ワットパーが今回の会場です。2年に一度開催されるこの会議はテーマも場所も様々で、その都度変わります。今回のテーマは「-The future of Buddhism- 仏教の未来」で、これから仏教はどのような役割を社会で果たしていくかを話し合います。

 出席者はおよそ200名。インド、ネパール、スリランカ、タイなどの東南・南アジア、韓国・日本などの東アジア、そしてアメリカ・ヨーロッパ・カナダ・オーストラリア・南アフリカと全世界から集まります。そのうちおよそ60名が情報提供者、つまり発表者です。日本ではちょっと考えられないかもしれませんが、この会議、期間がとても長いです。プレイベントから入れると約2週間。その後のリトリートも入れると一ヶ月近くになります。さすがに全日程の参加は無理なので僕たち日本人グループはメインの会議だけの参加です。それでもフルで4日間になります。

 会議はいくつかのグループに分かれており、参加者は自分の関心や興味から選ぶことができます。主なグループテーマは、「仏教とメディア」、「子どもへの仏教的情操教育」、「臨終と死」、「仏教と経済」、「仏教と有機農業」、「仏教と気候変化」と多岐にわたっています。

 参加するのも発表するのも初めてのため、どういう雰囲気でこの会議が進められるのか最初は状況把握に必死でした。しかし、会議に訪れている参加者は皆誰もがとてもフレンドリーで、すごく積極的に話しかけてきます。しかも、ほとんどの方が英語は母国語ではありません。ジャパニーズ・イングリッシュというようにその国その国の特徴がありますが、あなたが話しているのは本当に英語なの?と思うような方もいます。

 そして参加者の過半数は、20代から30代のとてもエネルギッシュな在家の方々です。仏教徒の国際会議、しかもブッダガヤの寺院を貸し切って行うのですから、どんなに厳粛なものかと思っていたのですが、会議といっても床に車座に座ってその中で話すというもの。こんなスタイルの会議は初めてでした。

 写真でもおわかりの通り、パッと見ただけでは会議?と思ってしまいます。しかし、この緩い雰囲気ですが、参加者からの意見は真剣そのもの。思わず言葉が詰まるような質問が飛び出します。 まさに未来の仏教を語る次世代が集まっていたのです。

ineb_meeting2.JPG

三宝(仏・法・僧)のもと

 一言に仏教といっても様々です。前回も金剛宝座のところで述べましたが、国が違えばお参りのスタイルも異なります。今回のINEBの会議に参加しているメンバーも上座部仏教だったり、大乗仏教だったり、あるいは出家者だったり、在家の信者だったりと様々です。しかし、多種多様な仏教徒が一堂に会して今後の仏教について話し合う。これがこのINEBの会議です。

 一日の始まりには、マハーボディーテンプルで早朝の空気の中、各々が自由に聖なる時間を過ごすことが出来ます。僕は、お念仏を称えながら、立ち上がっては座り、頭を地につける礼拝というものをしてお釈迦様に帰依と報恩の心を捧げました。そしてその後の朝食が終わると、講堂に集まりお勤めを全員でします。

 国が変われば、お経の称え方も言葉も違います。大多数の人はじっと耳を向けています。南アジアのお坊さんのお経は、その風土のせいもあってかとてものどかです。まるで身体も心もほぐされるようなゆったりとした読経に包まれていました。つい旅の疲れからか不意にウトウトし始めてしまったその瞬間、今まで静かだった講堂全体にある偈文の大合唱が響き渡りました。

 「ぶっだーん、さらなーーん、がっちゃんみーー」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。