ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“低視聴率でも高評価”な話題作

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 ドラマ放映時は低視聴率ながら、ギャラクシー賞の受賞や、主演の長谷川博己が『家政婦のミタ』でブレイクしたことなどで、放送終了後に大反響を呼んだ『鈴木先生』。内容の面白さが各方面で話題を呼んだことから『映画 鈴木先生』となって、2013年1月12日に公開される。

 独自の<鈴木式教育メソッド>を駆使して理想のクラスを作り上げようと奮闘する、緋桜山中学の国語教師・鈴木先生(長谷川博己)。二学期が始まり、生徒会選挙と文化祭の準備に追われるものの、妻・麻美の支えと生徒達の成長に助けられ、教師として充実感のある日々を送っていた。だが、ドロップアウトしてしまった緋桜山中の卒業生が学校に立てこもる大事件が発生。しかも、鈴木先生の理想のクラス作りに不可欠なスペシャルファクター・小川蘇美が人質にとられてしまい……。

 演出の河合勇人がメガホンを取り、『鈴木先生』のほか『探偵はBARにいる』、『リーガル・ハイ』でも脚本賞を受賞した古沢良太がシナリオを担当するなど、スタッフはドラマから続投。主演の長谷川博己のほか、妻・麻美役の臼田あさ美や、神秘的な小川蘇美役の土屋太鳳、また、鈴木先生の天敵として強烈なインパクトを残した富田靖子演じる家庭科教師・足子先生も復活し、教師・生徒も劇場版に再集結。立てこもり事件を起こす緋桜山中OBに『純と愛』に出演中の風間俊介が演じるなど、個性派キャストががっちり脇を固める。

 本作品の貴重な完成披露試写会に5組10名様をご招待。お馴染みのキャスト、スタッフによる、全く新しい『映画 鈴木先生』をお楽しみに!

 『映画 鈴木先生』は2013年1月12日より、角川シネマ新宿、丸の内TOEI、渋谷TOEIほかにて全国ロードショー。

プレゼント概要

『映画 鈴木先生』完成披露試写会
日時 11月26日(月)開場18:00/開映18:30 場所角川シネマ新宿(新宿区新宿3-13-3 新宿文化ビル4・5階)当選人数5組10名様

※当日はキャスト登壇による舞台挨拶を予定。

【応募方法】
MOVIE ENTER公式Twitterアカウント「@movie_enter」をフォローのうえ、
本記事のURL(http://news.livedoor.com/article/detail/7115320)をツイートしてください。

【応募期間】
2012年11月6日(火)~ 11月16日(金)17時まで
※当選者には、ツイッターのDM(ダイレクトメッセージ)でご連絡いたします。

【応募条件】
・日本に居住されている方(賞品配送先が日本国内の方)。
・応募に関する注意事項に同意いただける方。

【注意事項】
※本キャンペーンに関して、弊社が不適切な行為がされていると判断いたしましたアカウントは、キャンペーン対象外とさせていただきます。
※弊社は、応募いただいた方のツイート内容には一切の責任を負いません。
※当選発表は、当選者様への当選のご連絡をもってかえさせていただきますので、ご了承ください。
※当選通知後、3日間ご連絡がない場合は、当選を無効とさせていただきます。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
※当キャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※当選の権利の譲渡はできません。
※キャンペーン参加にあたっては、必ず弊社個人情報保護方針「プライバシーポリシー」をお読みください。
※当選時にご連絡いただく住所、氏名、電話番号は、その確認などの関連情報のご案内のみに使用し、キャンペーン終了後は弊社の定める方法に基づき消去いたします。
※インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用はお客様のご負担になります。
※次の場合はいずれのご応募も無効となりますのでご注意ください。
 ・応募時の内容に記載不備がある場合。
 ・お客さまのご住所が不明、または連絡不能などの場合。

作品情報

映画『鈴木先生』 – 公式サイト

その他のプレゼント

麻生久美子と大泉洋がロックンロール『グッモーエビアン!』試写会にご招待(11月15日まで)
ユアン・マクレガーがありえない国家プロジェクトに挑戦?『砂漠でサーモン・フィッシング』試写会にご招待(11月12日まで)
トム・ハンクス&ジュリア・ロバーツのハートフル・ストーリー『幸せの教室』ブルーレイ+DVDセットをプレゼント(11月15日まで)

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

(http://news.livedoor.com/article/detail/7115320/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。