ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

電子辞書内蔵で、音楽も再生できる!ソニーの欲張りな電子書籍リーダー「PRS-T1」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

旧モデルは新モデルよりも高性能? ソニー電子書籍リーダー PRS-T2 vs. PRS-T1」で紹介したように、ソニーの電子書籍リーダー「PRS-T1」は、電子書籍の閲覧だけでなく音楽等を再生したい人にとって、最新機種の「PRS-T2」よりも魅力的な端末に思えた人もいるかもしれない。

そこで今回は、電子書籍リーダーながら、電子辞書まで内蔵し、さらに音楽再生までできる「PRS-T1」について、その細部を振りかえってみたいと思う。

■音楽を再生できる!画面も綺麗
「PRS-T1」の特徴ともいえる音楽再生機能について、最初に触れておこう。「PRS-T1」は、MP3 (拡張子.mp3)/AAC (拡張子.mp4、.m4a)形式の音楽ファイルを再生することができる。規格を満たしていれば、自分で作った音楽ファイルでも再生が可能だ。
電子辞書内蔵で、音楽も再生できる!ソニーの欲張りな電子書籍リーダー「PRS-T1」音楽を再生しているところ。
電子辞書内蔵で、音楽も再生できる!ソニーの欲張りな電子書籍リーダー「PRS-T1」表1.「PRS-T1」がサポートする音楽ファイル

ディスプレイも大きな魅力のひとつだ。ディスプレイには、E Ink社の電子ペーパー「Pearl」を採用しており、高コントラストでくっきり鮮明な文字表示を実現した。16階調のグレースケールなので、文字も画像も自然に美しく表現できる。バックライトを搭載していないので、目に優しく長時間の読書も快適だ。

光学式タッチパネルを搭載しているので、紙の本のように、画面に直接手で触れてページめくり、文字入力、メモの書き込みなどの操作が可能だ。ただし、スマートフォンやタブレットに慣れている人は、電子ペーパーのページめくり(画面切替え)を若干遅く感じるかもしれない。
電子辞書内蔵で、音楽も再生できる!ソニーの欲張りな電子書籍リーダー「PRS-T1」青空文庫の太宰 治 氏の「秋」を表示させてみた。文字も画像も自然で美しい。

■外出先でも本が購入できる
「PRS-T1」は、Wi-Fiに対応している。モバイルルーターがあれば、外出先でも本が購入できる。また、上位モデルの「PRS-G1」は、小型で軽量ながら、3GおよびWi-Fiに対応しており、2種類のお得な通信プランが用意されている。
●“Reader Store”プラン
3G接続の利用料が最大で2年間無料のプランだ。初期登録料も利用料も無料で、好きなだけ“Reader Store”を利用できる。そして1年目に1冊以上の電子書籍を“Reader Store”で購入すると、2年目も無料で利用できる。なお、3年目以降の3G接続利用料(通信費・更新料含む)は年額1,050円(税込)となる。

●Webアクセスプラン
月額580円(税込)の定額利用料(通信費・更新料含む)で、インターネットを利用できる。“Reader Store”での電子書籍の購入のみならず、さまざまなWebサイトを自由に閲覧できる。
電子辞書内蔵で、音楽も再生できる!ソニーの欲張りな電子書籍リーダー「PRS-T1」“Reader Store”を表示させたところ。

■単語がすぐに調べられる辞書機能
本製品は、本体内蔵の辞書機能として、従来の英和辞典「ジーニアス英和辞典 第四版」および英英辞典「New Oxford American Dictionary, Second Edition」に加え、国語辞典「大辞林 第三版」が追加となり、約23万8千語の日本語検索が可能になった。

画面上で調べたい単語を長押しするだけで、瞬時に単語の意味を調べることができるほか、キーボードで語句を入力して意味を調べることも可能だ。
電子辞書内蔵で、音楽も再生できる!ソニーの欲張りな電子書籍リーダー「PRS-T1」「大辞林 第三版」は、約23万8千語の日本語検索が可能だ。

「PRS-T1」製品情報
ソニー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

外部サイト

タッチ液晶が大きく進化! センサーの大進化でペンと指を個別認識【デジ通】
北欧からのPCパーツ登場! アスクがスウェーデン「Fractal Design」製品の取り扱いを開始
アメリカ大統領は誰の手に? 2012年アメリカ大統領選を開票まで一挙16時間放送

(http://news.livedoor.com/article/detail/7115141/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。