ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、Dieney Mobile on docomo F-08DのAndroid 4.0アップデートを開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NTTドコモは11月6日、Disney Mobile on docomoブランドンのAndroidスマートフォン「F-08D」に対して、Android 4.0(ICS)へのアップデートの提供を開始しました。今回はOSのバージョンアップを含む大規模アップデートとなっており、F-08D上で動作しているOSがAndroid 2.3.5(Gingerbread)→Android 4.0.3(ICS)に変わります。Android 4.0(ICS)にすることで、GoogleがAndroid 4.0で追加した機能が利用可能になるほか、Chrome for AndroidといtったAndroid 4.0以上にしか対応していないアプリを利用することも可能になります。 顔認識機能でロック画面を解除できる「フェイスアンロック」に対応 アプリアイコンを重ねあわせるだけでフォルダの作成が可能 ランチャー/パレットUIにおいて、一部ウィジェットのリサイズが可能 ロック画面からカメラを直接起動可能 アプリの「無効化」設定機能が追加。一部のアプリでその起動を停止したり、ドロワー上で非表示にすることが可能 スクリーンショット撮影機能が追加(ボリュームダウン+電源ボタンの同時長押し) カメラでパノラマ写真の撮影が可能 ギャラリーアプリにおいて、画像や動画をアルバム、ロケーション、撮影時間、タグ別に閲覧することが可能 省電力機能「NX!エコ」に対応 通知パネル上部の電源管理ボタンの内容や並び順をアイコンの長押しで変更可能 無線LANの親機を介さなくてもIEEE802.11シリーズの無線LANで端末間のデータ送受信ができる「Wi-Fi Direct」に対応 USB接続でMTP/PTPモードに対応 パケット通信時のデータ使用料の確認、上限設定が可能 「iコンシェル」、「SDカードバックアップ」アプリが追加アップデート操作は、F-08Dの内蔵ブラウザから富士通のサポートページを開き、アップデート用アプリ(F08D_SWUpdater01,apk)をダウンロード。apkファイルを手動でインストールします(提供元不明のアプリにチェックを入れておく必要があります)。その後、インストールしたアプリを起動してガイダンスに従いアップデートを行います。アップデートした後、アップデート用アプリは削除しても構いません。アップデート後のソフトウェアビルドは「V04R10D」です。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
米Verizon向けHTC端末「Droid DNA」がFCCの認証を取得
NTTドコモ、本日午後6時以降よりXperia ray SO-03CとXperia PLAY SO-01Dに対してソフトウェアアップデートを提供開始
東芝、REGZA Tablet向け電子書籍アプリ「Book Place Reader EX」をv2.0にアップデート、閉じたページ位置やしおりのデバイス間共有、小学館マンガの購読に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。