体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女性アーティストが語る最先端タトゥーの世界 あこがれと偏見の中で揺れるポップカルチャー

日本におけるタトゥーの位置づけは極めて微妙だ。

安室奈美恵さん、稲葉浩志さん(B’Z)などの有名芸能人やサッカー選手が公然と自らのタトゥーをアピールする一方、公衆浴場、プール、ゴルフ場などでは“入墨お断り”の看板が貼りだされ、就労規定でタトゥー禁止をうたう職業も数多い。

 

大阪市の橋下市長の発言に起因するタトゥーバッシングも記憶に新しいところだ。あの時期、筆者はブログで「必要以上に騒いでタトゥーに関わっている一般人に迷惑」だと橋下市長を批判した経緯があったが、実際にまとまった知識があったり、身近にタトゥーカルチャーと接した上で批判している人は少ないのではないだろうかと感じた。昔ながらの“タトゥー=暴力団”という負のイメージを持つ人も多いだろう。しかし現代でも果たしてそれが適切なイメージと言えるのだろうか。いまタトゥーは”威嚇”“決意表明”“自己アピール”の手段として以外にも“ポップカルチャー”“芸術”としての側面も見直されてきている。現在最先端のタトゥー事情についてタトゥーアーティスト・画家として活躍するNANAOさん(24歳)にインタビューしてみた。

女性アーティストが語る最先端タトゥーの世界 あこがれと偏見の中で揺れるポップカルチャー

タトゥー立志篇

筆者:今回はインタビュー受けていただきありがとうございます。NANAOさんは若くして自分の作風を確立していますが、どんなきっかけでタトゥーの世界に入られたんですか?

NANAO:子供のころから漫画が好きだったんです。シティーハンターとか、女性がキレイに描かれている絵が好きで自分でもマネして描いてみたり。少し大きくなってからは水彩画のたまさんや水野純子さんにも興味を持ちました。自分が納得できる画風を追求して大判のクロッキー帳にひたすら絵を描きまくってたんですが、15、6歳の時にたまたま友達についていったライブハウスでとっても素敵なタトゥーを入れてる人に出会ったんです。聞いたら『アメリカン・トラディショナル』というジャンルのタトゥーだって。それを見てすっかり「わたしも彫り師になりたい!」って思い込んでしまって(笑)そのあと友達がタトゥーを入れてるところを見せてもらったり、タトゥーフラッシュ(下絵)を描き始めたり。

 

筆者:実際に自分の身体にタトゥーを入れたり人に彫ったりし始めたのはのはいつですか?

NANAO:私自身は18歳の時にファーストタトゥーを入れました。その時は人に彫ってもらったんですけど、すぐ自分でタトゥーマシンを買って自分の身体で練習を始めました。針のあつかいに自信がついてきたら友達にも彫ってあげたり、すこしづつ幅を広げていって、20歳くらいで“仕事”と呼べるようになったと思います。

女性アーティストが語る最先端タトゥーの世界 あこがれと偏見の中で揺れるポップカルチャー

筆者:友達や家族の反応はどうでしたか?

NANAO:友達はみんなヤンキーだったから、私が彫師はじめたことを知ると「私に彫って!」「俺も彫って!」みたいなノリで広がって(笑)仕事にしていく上ではとってもありがたい環境だったんだけど、親は大変でした。

筆者:やっぱり反対されましたか?

NANAO:はい。反対されるのわかってたんでファーストタトゥーは親には内緒で入れに行ったんですよ。でも帰ったらすぐバレて……父親からはしばきまわされるし母親には泣かれるし。

筆者:でも辞めなかったわけですね(笑)

NANAO:好奇心がとめられませんでした(笑)でも真剣にとりくんでいるところを見てくれてたのか、しばらくすると父親のほうが「ちょっと俺にも彫ってみてくれ」って言いはじめたりして。母親もタトゥーに偏見がある人だったんですけど、ある時「タトゥーっていくらくらいかかるの?」って聞いてきたんです。私が普通に料金を説明すると「じゃあお金はらうから、あなたの好きなデザインを私に彫ってちょうだい。そのお金でまた新しい機材買いよ」って(泣)ごめんなさい、思い出したら泣けてきました……

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。