ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【2012年11月05日~11月11日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
今週の1位

タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2012年11月05日~11月11日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:天秤座

環境の変化が良い運気をもたらしてくれるでしょう。気分転換に散歩をしたりいつもと違う道を通ってみるだけでも違ってきます。さらにプライベートを充実させることが仕事などにも良い影響を与えてくれそうです。横暴な言動や強引な手段は事態の悪化を招く恐れ。

第2位:牡羊座

物事に意欲的に取り組めるとき。経験や知識の不足からくる不安は逆に期待に置き換えることも可能なはずです。前向きにがんばろうとするあなたに周囲の人たちも協力してくれるでしょう。甘え過ぎたり依存し過ぎたりするのは禁物。相手の負担を考えて行動すると吉。

第3位:蠍座

物事が思うように進まず途方に暮れるかもしれません。しかし自分のやるべきことを真面目に積み重ねていくことによってあなた自身の評価はアップする兆し。周囲の喧騒を気にすることなく自分のペースを維持することを心がけて。懐かしい友人に連絡をとってみると吉。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/270704 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:獅子座
少しずつゆるやかな動きではありますが物事が良い方向にまわっていく兆しが見え始めています。しかし現実的ではない高望みをするとせっかく上昇を始めた運気が再び下降する可能性も。自分自身を見つめ直し今の自分の身の丈に合った目標に向けてまい進しましょう。

第5位:山羊座
感性が鋭くなっているときなので新しい発見や気付きが得られる好機です。いつもと変わらないと思っている周囲も改めて見てみると違った側面が見えてくるかもしれません。家族など身近な人との付き合いを大切にすると吉。自信のないことに関しては控えめな態度で。

第6位:牡牛座
予定は未定で決定ではないことを肝に銘じておきましょう。そのためどのように予定が変更されても最低限の対処はできるよう事前に準備や心構えをしておくことが肝要です。生活のペースが乱れやすいときなので健康には注意。週末は飲み会などに積極的に参加して吉。

第7位:水瓶座
今のうちに苦手なものを克服しておかないと後になってさらに面倒なことになるかもしれません。すぐに結果が出るなどと考えず長期的スパンで取り組むことが肝要。できない無理はしないことです。また金銭運がやや不調。散財にはくれぐれも注意。無駄遣いは控えて。

第8位:魚座
仕事や勉強などに対するモチベーションの維持が難しい週となるかもしれません。別のところに楽しみを設けてそのためにがんばるなどの目標を立てるようにしましょう。また先々のことを見据えて新しい資格取得などの勉強を始めるのも良い時期です。合理的に考えて吉。

第9位:蟹座
過去と同じあやまちを繰り返してしまう兆し。過去の失敗から学び取ったことを活かし今度こそしっかりと対応することが大切。今だけの結果にこだわらず将来を見据えた行動をとることが適切。精神的な脆弱さや未熟さを克服しない限りまた同様のトラブルを起こすかも。

第10位:射手座
あなたが今感じている不満は成長への第一歩です。それを解消することがひとまずの目標となるでしょう。周囲の人たちと協調することが問題解決に欠かせない要素となるはずです。相手と対等な目線に立つことを心がけて。過去のできごとに固執するのは失敗を招く鍵。

第11位:双子座
何事も慎重に進めたほうが良さそうです。特に新しく始めるようなことにはトラブルがつきもの。イライラしてあせったり感情的になるとうまくいくものもいかなくなってしまうかもしれません。すぐに軌道に乗るなどと考えずじっくり腰をすえて付き合うのが良策です。

第12位:乙女座
周囲の人たちとの関係や交流を見つめ直してみましょう。最近のあなたに独善的だったり迷惑を省みないような言動はなかったでしょうか。相手に求めるばかりではなく自分が変わろうとする気構えがなければ溝は深まっていく一方。話し合う時間を持つことを心がけて。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。