体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

結構サクサク動いちゃうその訳は?ソニー製のAndroid搭載WALKMAN「ウォークマン F」の実力をベンチマークでチェック【レビュー】


ベンチマークで「ウォークマン F」の実力を検証!
先月20日にソニーからAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)を採用したポータブルミュージックプレイヤー「WALKMAN(ウォークマン)」の最新モデル「WALKMAN F(F800)シリーズ」(以下、ウォークマン F)が発売された。

Androidを搭載することで、スマートフォンライクに使えるウォークマン Fだが、その性能はどの程度ものか、スマートフォン性能の一つの目安ともなるベンチマークを計測し、数値上の実力検証をしてみたのでレポートする。

ベンチマークアプリは「Quadrant Standard Edtion」および「AnTuTu 安兎兎ベンチマーク」を利用して計測をおこなった。

Screenshot_2012-11-03-16-22-01 Screenshot_2012-11-03-16-33-02 Screenshot_2012-11-03-16-39-59

Quadrant Standard Edtionでは、3回計測を行い「2487」「2494」「2541」で、トータルスコアが概ね2500前後という結果になった。

Screenshot_2012-11-03-15-51-27 Screenshot_2012-11-03-16-03-05 Screenshot_2012-11-03-16-09-14

AnTuTu 安兎兎ベンチマークも同様に3回の計測を行いそれぞれ「5543」「5580」「5489」と、トータルスコアがおおむね5500前後の結果となった。

121103_walkman_f_bench_02

AnTuTu 安兎兎ベンチマークにおいて、システム情報を表示してみた。CPUは「Dual-Core ARMv7 Processor(VFPv3)」を搭載し、最大クロック数は1.0GHzとなっている。最新のスマートフォンやタブレットではクアッドコアも珍しくなくなってきた点や、1.5GHz以上のものも増えていることを考えるとやや見劣りはするものの、それよりはむしろメモリ(RAM)容量が少ない点が気になる。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。