ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【GIIアルゼンチン共和国杯予想】実力馬たちはハンディキャップを克服することができるのか? 

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
top

今週の予想

日本とアルゼンチンの友好の証、アルゼンチン共和国杯。
最近はこのレースを勝った馬がGIを制するなど、出世レースとなりつつある。舞台は府中2500mの長丁場、馬の実力とハンディキャップとの兼ね合いが勝敗を分ける。

「実力馬たちはハンディキャップを克服することができるのか? 」
このレースはいわゆるハンデ戦であり、実力に応じて斤量(きんりょう)にハンディキャップが設けられる。
今回は50kg~59kgであり、その差は9kg。このハンデが、府中2500mという長丁場の中で、ジワジワと効いてくる。
これらを馬の実力と照らし合わせた結果、以下の予想となった。

◎ギュスターヴクライ
○ビートブラック
▲ムスカテール
△マイネルマーク
△ルルーシュ
△トウカイパラダイス
△オウケンブルースリ

・本命は前走京都大賞典3着のギュスターヴクライ。
前走はハイペースな流れの中、4角で早仕掛けしてしまったことが敗因。
東京変わりは父ハーツクライという血統面を考慮してもかなりのプラス材料。2番人気に落ち着きそうであるが、間違いなく今後の長距離戦線を担う1頭である。

・対抗は春の天皇賞馬ビートブラック。
前走取り消しの影響からか、あまり人気になっていないため、今回は絶好の狙い目である。
59kgのトップハンデだが、先週から府中がBコースに変わり、前残りのレースが非常に多くなっているため、1枠1番を引いた今回は、かなりおいしい条件と言える。
東京の成績があまり良くないが、血統的にはトニービン系やロベルト系を含んでおり、全く問題ない。

・単穴に前走1600万を勝ち上がったムスカテール。
前走は府中開幕週特有の前が止まらない馬場でありながら、後続を2馬身半ちぎっており、非常に強い内容だった。
前々走の新潟記念では直線不利を受けながらも0.1秒差の5着と健闘しているだけに、今回はかなり期待できる。
父マヤノトップガンはロベルト系であり、この舞台ではもってこいの血統。斤量差を活かせば、実力馬とも互角以上の戦いができるだろう。

伏兵にそれぞれ、マイネルマーク、ルルーシュ、トウカイパラダイス、オウケンブルースリとした。今回はあまり飛ばしていく馬がいないため、インコースでスムーズに競馬ができそうな馬を中心に選んだ。

マイネルマークは前走1000万を勝ち上がったばかりだが、枠順と52kgという斤量を活かせばワンチャンスある。
ルルーシュは恐らく1番人気だが、名前売れしているせいか、どうしても過剰人気になってしまうのが懸念される。
前走もスムーズな競馬をしていながら4着と、やはりまだ実力的には足りていない印象なので、ここは抑えまで。
トウカイパラダイスは近走の成績があまり良くないが、今年の目黒記念で2着しているように、この府中2500mというコースに適正があるのは明らかである。
オウケンブルースリは、前走復調気配を見せる2着であっただけに、得意の府中で再び馬券内に飛び込んでくる可能性は極めて高い。

買い目

三連単フォーメーション
1,9 → 1,7,8,9 → 1,3,4,6,7,8,9=100円×30点

—————————
累計投資金額: 1万2000円
累計回収金額: 3万9520円
トータル収支: +2万7520円
—————————

[TOP画像]Flickr MJ/TR (´・ω・) [http://www.flickr.com/photos/mujitra/5004839703/]

すこやか山田の記事一覧をみる ▶

記者:

滋賀県出身流れ者すこやか山田参上! 色んなメディアや政治、省庁関係、あなたの気になることにブッコんで行くんで夜路死苦!! コテコテの関西人です。元アウトローです。昔はママチャリで東京に行く等無茶な事をしていました。http://gundori.tabigeinin.com/ 重度の2ちゃんねらーです。格闘技と女性が大好きです。

TwitterID: @damian_0522

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。