ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

その恋愛ストップ! 彼は“こズルい男”かも

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

それなりの会社に勤めてきちんと働いているし、見た目だって悪くない。DVの兆候もないし一緒にいればそれなりに楽しいけれど、結婚話は避けられてる気がする。得体の知れない違和感の原因は彼が“こズルい男”だからかも。
取引先の男性・Nさん(29歳・システムエンジニア)と交際がスタートして半年になるチカさん(27歳・会社員)は、Nさんから「チカが一人暮らしをすればもっと一緒にいられるのに」と言われ一度はその気になったのだが……。

『チカが一人暮らしをしていれば、僕はいつでも泊まれるからいいよね』という彼の言葉が妙に引っかかりました。同棲するのなら生活費は折半だけど、私の部屋に泊まるだけなら彼はお金を出す必要がないでしょう。私の一人暮らしは彼にとって都合の良いことばかりなのかもと思ったら急に気持ちが冷めてきました。

Nさんの同僚によれば、過去にも一人暮らしの女性の部屋に入り浸っていたことがあるらしい。キチンとした収入があるにも関わらず、部屋代や手料理にはお金を払う必要がないと思っているからたちが悪い。元カノもNさんの“こズルい”性格に気づき、部屋を引き払って実家へ帰ったそうだ。

ムツコさん(26歳・販売)が、ウッカリ付き合ってしまった“こズルい男”は、“給料日前男”のJさん。「広告代理店勤務のイケメンで、マメにメールをくれる優しい男性だったから『付き合って欲しい』と言われたときは本当に嬉しかったんです」

ところが、メールは頻繁に送ってくるのになぜかデートは給料日前ばかり。「『今日は給料日前だから割り勘でいい?』とか『ごめん、今日はお金だしておいて。次はオレが奢るから』って言うんですよ。でも次のデートも給料日前。仕事が忙しいのはわかっているけど、なんか変でしょう」

ムツコさんが問いつめたところ、Jさんは給料の多くを趣味のフィギュアにつぎ込んでいた。「フィギュアも好きだけど、ムツコも好きだから別れたくない」と泣きつかれたそうだが「どう考えても納得がいかず、別れました」

二股をかけるのが“ズルい男”なら、曖昧な状態で女性をキープしつづけるのが“こズルイ男”なのだろう。

「ずっと友だち以上恋人未満の男性ってどう思いますか?」と話してくれたのはコトノさん(28歳・塾講師)だ。大学時代、コトノさんはA君がずっと好きだったし、A君もコトノさんを映画や食事によく誘っていた。コトノさんが好きなCDを見つけてわざわざ届けてくれることも。しかし、つきあっているのか、つきあっていないのか? 思わせぶりな態度にたびたび悩まされた。

そんな関係が急変したのは4年生の終わり。A君が後輩に「ずっと好きだった」と告白したのだ。「後輩があっさりOKして、あっという間にラブラブな関係になっちゃたんです。えええっ!って感じ。私は後輩にふられたときにキープだったの? って。未だにスッキリしない気持ちです」

例えば、彼女の両親はおろか彼女の友だちにも会わない、彼女を自分の友だちに会わせない男性も“こズルい”タイプだろう。結婚したくない、責任をもちたくない、たとえ別れてもふたりが付き合っていたことを誰も知らなければ都合がいいなど理由はさまざま。何より“こズルい男”にとって一番大切なのは自分自身なのだ。

彼の言葉に矛盾や違和感を感じたときには客観的にチェックすることが大切だ。友だちや家族に相談しにくいときには、相談サイトなどで意見を求めるのもいいと思う。「こんなことをいうのは、彼は私を愛しているから」など自分を納得させるような勝手な解釈は禁物だ。(オフィスエムツー/神田はるひ)

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

外部サイト

女の風上にも置けない女を告発する!?
その恋愛ストップ! 彼は“こズルい男”かも
マツコ・デラックスになりたい! 独女がマツコに惹かれる理由

(http://news.livedoor.com/article/detail/7104387/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。