体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この発想はなかった!?ウィルコム、世界初スマホの外部バッテリーにもなる音声PHS電話機「ENERUS WX03S」を発表!12月13日発売開始


スマホの充電ができるピッチが登場!
ウィルコムおよびウィルコム沖縄は1日、モバイルバッテリー機能を搭載したPHS電話機「ENERUS(エネルス) WX03S」(セイコーインスツル製)を発表しています。2012年12月13日(木)から発売開始予定。

ENERUSは、世界初のモバイルバッテリー機能を搭載したPHS電話機で、スマートフォンやUSB対応機器への給電が可能です。1,700mAhの大容量バッテリーを搭載し、国内最長クラスの連続通話14時間(840分)、連続待受時間45日(1080時間)を実現。

また、Bluetooth 2.1+EDRを搭載しており、スマートフォン用のBluetoothハンドセットとして利用したり、スマートフォンのミュージックコントローラーとしても利用可能となっています。

01

世界初となるモバイルバッテリー機能を搭載し、ENERUS WX03S本体に搭載されたフルサイズのUSB端子にUSB接続ケーブルにてスマートフォンやUSB対応機器を接続することで給電が可能となっており、スマートフォンやUSB対応機器の充電が行えます。

使いやすいPHS電話機であることに加え、スマートフォンの電池残量不足を解決し、2台持ちに最適。スマートフォンへ給電中、ユーザーで設定したバッテリー残量(10~90%)で自動的に給電をストップし、給電後においてもENERUS WX03Sでの通話やメールに十分なバッテリーを保つことができます。また、連続給電時間によって給電を停止する機能も搭載しており、安心して利用可能となっています。

なお、USB端子は充電・給電機能となるため、データ通信などには利用できないということです。給電時の出力は5V/500mA。

また、1,700mAhの大容量バッテリーを搭載し、国内最長クラスの連続通話時間(約14時間)、連続待受時間(約45日)を実現。電池残量を気にすることなく、安心して利用でき、バッテリー残量や通話可能時間、待受可能時間が画面上で確認できる便利な機能も搭載しています。これらは、待受画面に設定することもできるということです

さらに、スマートフォンや携帯電話とBluetooth連携することで、ENERUS WX03Sでスマートフォンや携帯電話への着信を受けるというBluetoothハンドセットとして利用したり、スマートフォンの番号でENERUS WX04Sから発信することができます。

Bluetoothでは、親機としてカーナビやハンズフリー機器とリンクすることもできるほか、スマートフォンのミュージックコントローラーとしても利用可能で、スマートフォンをバッグに入れたままでもENERUS WX03Sからスマートフォンのミュージック再生機能をコントロールすることもできるようになっています。

音声PHS端末としてのスペックは、ディスプレイに2.4インチQVGA(240×320ドット)液晶や赤外線、イヤホンマイク端子を搭載し、Eメールおよびライトメールは利用できるものの、カメラやブラウザ、Javaアプリなどは非対応となっています。また、音声通話にノイズリダクション機能がサポートされています。

サイズは、大きさが約50×124×13.6mm、質量が約111g。ボディカラーはホワイトおよびブラック、エメラルド、レッドの4色が用意されています。

価格はウィルコム直販サイト「ウィルコムオンラインストア」にて「W-VALUE SELECT」を適用した場合に、一括購入で2万9520円、本体割引施策「W-VALUE」割引が適用され、月額980円引き(総額2万3520円引き)で、割引後の実質負担額は6000円(分割払いでは月額250円×24カ月)となっています。

03 04
1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会