体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今冬イチオシ!超激安でソフトバンク初モトローラは買うしかない!SoftBank 4G対応スマホ「RAZR M 201M」を購入したので開封してみた【レポート】


ケプラーファイバーの強靭スマホをゲット!
ソフトバンクモバイルから26日に発売されたばかりのモトローラ・モビリティ製のAndroidスマートフォン「RAZR M 201M」(以下、201M)を購入したので開封レポートをお届けする。

先月は各社が2012年冬から2013年春にかけて発売する予定の新しいスマートフォンなどを発表したが、筆者も各発表会に参加して一番欲しい!と思ったのがこの201Mだ。お気に入りのポイントはやはりそのサイズ感。

発表会レポートの記事でもお伝えしたように、約4.3インチのディスプレイを搭載しながらも、約3.7インチの「HTC One V」(HTC製)とほぼ同等のサイズ感を実現している。

洗練されたデザインやモトローラブランドに加え機能面も充実な201Mだが、さらに驚くべきことはその本体価格だ。こちらの記事でもお伝えしたように最新モデルでありながら新規もしくはMNPで23,520円と超激安価格。さらに機種変更でも30,720円となっている。

店舗によりキャッシュバックなどの施策は異なるが、今回購入した店舗では10,000円のキャッシュバックが適用できた。本体一括払い、その場でキャッシュバックを適用でなんと13,000円程度で購入することができたのだ。

ちなみに筆者は今回、auからのMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)でソフトバンクへの乗り換えで201Mを購入。ちょうど今から1年前に購入した「HTC EVO ISW11HT」(HTC製)からのMNPだ。

「誰でも割」における2年契約のうち半分しか経過していないため契約解除料の9,975円が発生する。加えてMNPの転出手数料2,100円も必要。各種手数料の支払い方法は翌月請求に加算され支払うことになる。

201Mの購入および契約をするため、まずはauショップでMNPの予約番号を発番してもらい、それを持って併売店でMNPによる新規契約を行うという流れだ。新規契約となるため、ソフトバンクへは3,150円の新規事務手数料が発生するが、こちらは初回請求に合算して請求され支払うこととなる。

MNPの予約番号は客セン(お客さまサポート)に電話をするかWeb上から申し込んで発番してもらうことも可能だ。いずれの場合も、契約解除料などが発生しないかの確認はできるため、MNPを利用する際はしっかり確認しておくことが重要だ。

201Mは、今年9月に発表されたグローバルモデル「DROID RAZR M」の日本市場向けモデル。国内向けにさまざまな部分がカスタマイズはされているが、基本性能はグローバルモデルを継承する。

本体カラーはブラックとホワイトの2色をラインナップしており、ブラックについては、防弾ベストなどにも使われ、鋼鉄の5倍の強度を持つという「KEVLAR(ケブラー)ファイバー」を採用。ホワイトはケブラーファイバーを採用していないが、強度は比較的高めだという。

なお、ホワイトにケブラーファイバーが採用されていないのは、どうしても黒味がかった色になってしまうためだという理由からだ。素材が異なるため本体背面の質感や厚みが若干異なる。

121101_RAZRM_201M_02_960

薄い布状の袋に個装箱が入っている

121101_RAZRM_201M_03_960

個装箱正面。正方形の個装箱

121101_RAZRM_201M_04_960

個装箱側面のモトローラロゴ

121101_RAZRM_201M_05_960

個装箱底面には201Mの特長や同梱物などの記載

121101_RAZRM_201M_06_960

開封したところ
今回購入したのはブラック。個装箱は正方形で小さな箱である点が特長的だ。

1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。