ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

マツコ・デラックスになりたい! 独女がマツコに惹かれる理由

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

テレビをつけると、毎晩のように出会うマツコ・デラックス。23時以降だけでも「月曜から夜ふかし」(日本テレビ)「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日)「有田とマツコと男と女」(TBS)などが並ぶ。
初めてテレビで見かけたのは4、5年前だったと思う。その頃よりもビッグになった体と漫画から抜け出てきたような顔に愛着を感じ、毒をはらんだ意見や批判の数々に共感する独女は多いという。試しに年齢の異なる独女たちに聞いてみると、全員が「好き」または「嫌いじゃない」を選択。独女たちはマツコのどんなところに惹かれるのだろうか?

一度見たら忘れられない容姿に惹かれたと話してくれたのはシオリさん(28歳・アパレル関連)。「一目惚れです。まるで実写版“荒れ地の魔女”。『こんな人がいるんだぁ!』と目が釘付けになりました。柔らかそうな肌とアップの髪型が大好き。巨体でオカマで派手で、すごくインパクトがあるけど下品じゃないところがいいです。2年くらい前に『ガラスの仮面』(白泉社)のキャンペーンポスターの月影先生に扮したマツコさんも最高でしたよね。原作とは似ていないのにそっくりで、心を鷲掴みにされました」

「ガラスの仮面」関連の記事をネットで探してみるとMANRANWEB(毎日新聞デジタル)に当時の記事が残っていた。「ものすごく本気でやりました。が、限界はあります。ガラスの仮面ファンの皆様、そして月影千草ファンの皆様、ごめんなさい」(MANRANWEBより引用)という謙虚なコメントも可愛くてファンにはたまらない。

「1週間で一番の楽しみは『マツコ&有吉の怒り新党』」と話してくれたのはカヨさん(38歳・派遣)。同番組では視聴者からの「お怒りテーマ」を元に有吉とマツコが繰り広げるトークと夏目三久の絶妙な司会が良い味をだしている。

「言っていいこととそうでないことをわかっていながら、テレビでさらっと言っちゃうあたりが好きです。毒舌とか辛辣とか言われているけどスゴク的を得ているし、むしろよく言ってくれた! と思うことの方が多いですね。私たちの女子会も毒舌トーク満載なので親近感も覚えます。仕事で嫌なことがあったときは『マツコになりたい! 上手に嫌みのひとつでも言ってやりたい!』って思います。乙女チックな妄想や自虐が入った自分語りも大好き。可愛いと思えちゃうし共感もします」

サチコさん(28歳・編集)は「『続・世迷いごと書籍』(双葉社/マツコ・デラックス)が面白いですよ」と勧めてくれた。

「この本は人物評で、中森明菜や酒井法子、沢尻エリカや紗栄子などについて書かれているんですけど、マツコ自身の生き方や考え方もよくわかります。『アタシは基本的にバカ。人から石を投げられるような立場なの」と思うように常々気をつけているの』『自分が特別な人間だなんて絶対にそう思っちゃいけない~』といった言葉が印象に残りました。正論をふりまわす人とは違って、自分の立ち位置をわかっているから“上から目線”にならないし、マツコの批評や批判は受け入れられるんだと思います」とサチコさん。

満面の作り笑顔があふれる芸能界で、これほど仏頂面が似合う人も珍しい。しかし本人の意志に関わらず多くの人に愛されるのは、あの仏頂面の奥にある不器用で気弱で乙女な本当の顔を女性たちが感じているからだろう。共感し温かなものを感じるのだ。

「続・世迷いごと書籍」の後書きによれば、巨体ゆえ劇場のイスに収まらず、宝塚も映画も演劇も見られなくなっているという。テレビ局の皆様、ぜひ、マツコのための健康企画特番作って“ややスリム化計画”を! せめて劇場の椅子にカラダを押し込めるくらいになって、人生を楽しんで長生きして欲しい。そしてときには愛ある毒舌で私たちを叱り飛ばして欲しい。(オフィスエムツー/神田はるひ)

(参考)MANRANWEB(毎日新聞デジタル)
マツコ・デラックス : 「ガラスの仮面」月影先生を“怪演” ポスターで迫力の表情

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

外部サイト

マツコ・デラックスになりたい! 独女がマツコに惹かれる理由
「結婚しない」を選択する人生
恋愛に臆病なアラフォー男性の攻略法

(http://news.livedoor.com/article/detail/7101496/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。