ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

国連人権理事会で日本への批判相次ぐ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

スイス・ジュネーブで31日(現地時間)に行われた国連人権理事会で、日本に対する批判が相次いたことを複数の韓国メディアが報じている。

同会議は各国の人権状況を審査するもので、日本を対象としたのは2008年以来2回目だ。

慰安婦問題に関して、理事会で日本を批判したのは中国、北朝鮮、韓国、コスタリカ、東チモール、ベラルーシの6か国。マレーシアは慰安婦問題には触れなかったが、日本の歴史教育を批判した。また、オランダ代表は、日本の教科書に慰安婦に関しての記述を求めたと、韓国の聯合ニュースが報じている。

またイギリスとオーストラリアは日本の死刑制度を問題視し、死刑の執行中断、または廃止を求めた。これに対し日本側は「国内世論が死刑の維持を望んでいる」と答えていると伝えられている。

なお、先月の25日行われた韓国を対象にした会議では死刑制度、国家保安法、兵役拒否権などが議題に上がっていた。

【関連記事】
国連人権理事会、日本軍「慰安婦」問題提起の見込み
中国、「慰安婦」対応を批判…国連人権理事会

【関連情報】
国連人権理事会による韓国の人権状況のレビュー(英文)
韓・北・中、国連人権会議で、日に慰安婦攻勢 総合2報 (聯合ニュース<韓国語>)

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

(http://news.livedoor.com/article/detail/7101447/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。