体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

天才改め贖罪ゲームクリエイター飯田和敏『ディシプリン』”贖罪”記者会見レポート

discipline_nama1

8月25日、東京・五反田のゴタンダソニックで、“天才改め贖罪ゲームクリエイター飯田和敏『ディシプリン』”贖罪”記者会見”が開催されました。こちらは、『Wiiウェア』専用ゲーム『ディシプリン*帝国の誕生』の配信開始に合わせて、『ニコニコ生放送』のガジェット通信チャンネルが番組として放送したもの。間にガジェット通信の定例番組『MusicGeek』を挟んだものの、16時から23時までの7時間にわたって展開した会見の模様を、現場の目でレポートします。

第1部:贖罪(しょくざい)会見
事前にマスコミ各社には「Wiiウェア『ディシプリン*帝国の誕生』のゲームデザインをした飯田和敏氏の謝罪記者会見を行います。この会見は、自責の念に満ち溢れた飯田和敏氏が弁解・弁明をし、ご迷惑をおかけした皆さまにご理解を頂く場でもあります」とプレスリリースを配信。合計3媒体(含む個人ブロガー)のプレス関係者を前に、記者会見は16時過ぎにスタートしました。

飯田氏は、会見の冒頭で新プロジェクト『同化してるパフューム』を発表。“堀江こと飯田”、“太田こと犬飼”(eスポーツプロデューサーの犬飼博士氏)、“NKTK”(ナカタカ、ゲーム音楽コンポーザーの中村隆之氏)の3名でユニットを結成し、パフュームと“同化”すべくレコーディング中であることが明らかになりました。「『ディシプリン』にも関係あるかも」(飯田氏)と言いつつも、意味が分からない出席者と視聴者の困惑をよそに発表が終了。いよいよ贖罪会見に移行します。

discipline_nama2

会見にはナゾの女性、OL24氏を伴った飯田氏のほか、マーベラスエンターテイメントの主要スタッフが列席。全員が終始、何かにつけ頭を下げて謝罪を繰り返すという、意味不明な内容となります。中でも、アートディレクションを担当したリュック氏はフランス人で、カタコトの日本語しかしゃべれない(設定)ため、会見は混迷を極めました。一方でプレスからの質疑応答の際、飯田氏は『ディシプリン』の目標ダウンロード(販売)数として「10万本」とコメントし、10万~20万本がヒット作とされるWiiウェアの中で高い目標を掲げていることも明らかに。理解不能な発言の数々で我々を煙に巻いてきた飯田氏の“本気”が垣間見えた瞬間でした。

第2部:実況プレイ&リサイタル

discipline_nama3

第2部は、ゲームの実況プレイ。ダウンロード方法の説明の後、飯田氏、マーベラスエンターテイメントの平田真氏の実況と解説を交えて、プログラムを担当したタッキー氏が実際にゲームをプレイしました。途中から、マーベラスエンターテイメントで本作のプロデューサーを務めた和田康宏氏が参加。プレスや視聴者のコメントによる質疑応答も始まり、発売元のマーベラス側からの狙いなどが明かされました。

和田氏は「ゲームの幅を広げたい。『アークライズ ファンタジア』のようなJ-RPGの正統派だけでなく、『ディシプリン』のような作品も両方成立するから面白い」「1500円で販売すると怒られると思ったが、ゲームの中のテキストを飯田さんが書いた読み物として楽しめて、さらにゲームも楽しめるなら800円でもお得なのではないか」とコメント。「僕らが子どものころ、もっとゲームは猥雑(わいざつ)なものだった。ゲームが本来持っていたいかがわしさを持ったものを自由に作りたかった」という飯田氏のコメントに、和田氏が「最近はゲームを買うのにドキドキすることがなくなった。ヤバいと思いつつも手を出してしまうようなものを、配信だと敷居が低いので出すことができた」とつなげ、「結婚しよう」と言い合った結束の強さを見せていました。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。